現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

混沌

小さな世界 > 第6章「休息」
 



G層の人口は「77億人」。

彩海「本来のG層の人口は『2100万』に設定されていた。
残りの『767900万』は・・・」

周りは雲、天空の城のような形をしている大地の中、、
彩海と美智は話していた。

美智「悲しい、ですわね・・・」


2100万人の「本当の住人」たちは
767900万人に鍛えられるために生きている。

だが、あまりの数の暴力に、2100万人たちはいつも・・・


竹流「やぁ」

竹流が後ろから登場した。
開けたドアがスーッと消える。


彩海「たけちゃん・・・緊張感が消えるわぁ(汗)」

急に驚いたようにA層独特の「風」がびゅうびゅう吹く。


胡坐をかきながら、雲で即席で作った猫をなでなでする竹流。

「ラーチャさんて人がいて。G層の。
そのラーチャさんからもらったブレスレット、、ラーチャさんてのが只者じゃないらしく。
妃羽さんがそれを付けたと」


やっとそれで、シュンユーが妃羽の夢の中に入れるようになった。
が、それしか出来ないようだ、と述べた。


バグにより、ジェムストーンの質が落ちてしまった妃羽。
今はだいぶ
・適度に世界の秘密を知っている
・適度に知らない
・適度な精神主義
・適度な物質主義

この4つを満たしていて、ジェムストーンとして質が高くなった。
(という言い方もあれだが)


竹流が腕を組んだ。
「花宇さんがD層に行って、D層の、あのホワイさん。秘密管理人の所に。
あのアホな人の所に。冗談ですけど
行ければねぇ・・・」


にゃあぁあぁぁっ

雲猫が前脚で竹流に、反る形で攻撃した。

「なぁ〜にやってんの〜 反っちゃったの?反りたかったの〜〜♪」
雲猫とテキトウに遊ぶ竹流。


美智「竹流さんがいらっしゃるとどんな空気でも楽しくなりますね」
上品に美智が言う。


彩海が雲の場所に行く。

びゅおおぉおぉぉぉ.....

「(D層で花宇さんが『糸』を通す。
そして妃羽さんをジェムストーンにして、魔法を使っても・・・
叶うのかしら。
だってG層は・・・)」


あまりにも混沌となりすぎているG層。


-------------------------------------------------


魏邸。

妃羽はひとつの問題点と戦っていた。

妃羽「(シナリオの中の「侯 妃羽」は俐人様を愛した。
でももしそれがなかったら?)」

俐人は。
すでにシナリオが出来た「妃羽:14歳時」に色々気付き、
抗っても仕方がないと、シナリオを歩いてきた。

彼もどうなんだろう
・・・と思う妃羽。

妃羽「(私たちは「好きにさせられている」。
それはいいことなのだろうか―・・・)」


庭師「おーっす、やあやあ、妃羽さんこんちゃー、あ、おはよう、か」

だいぶ朝が早く、欠伸する妃羽。

庭師が朝が早く、妃羽が到着した時にはほぼ下準備的なものが終わっている。

少し庭の形を変えるらしく、大きな図面を見せる庭師。
「まぁ〜気長にやるしかないわな」


チャキンッ

剪定をしながら、
『整いすぎるのも、、。少しだらしない部分やらダメな部分やら
あったって美しいものです』
『バランスがあってこそ、世界はあり。美がある』

いつかの庭師の言葉が蘇る妃羽。


魏 妃羽になって、かなり経った。

その間、様々なことがあって。
上つ方の世界を知った。

ドラマや映画の中だけだと思ってた。

お金が愛に勝つ世界・・・「上つ方」。


妃羽は、俐人の実業家としての顔は好きではなかった。
本当にお金が大切で、お金やらなんやらを盾に相手と巧妙な駆け引きをしたり、
お金によって相手の弱みを握ったりする。

そういう。

それはしょうがないものだと思っているのだが、
そのやり方が「下々のものはお金次第」という冷たい論理の元に動いている、
の他に

本当に下々のものを『下』に見ている―・・・
そういう部分も感じるのだ。


『整いすぎるのも、、。少しだらしない部分やらダメな部分やら
あったって美しいものです』

本当に好きだったら、そういうの含めて好きになるはずよね。
私はどうなんだろう・・・

ポツポツポツポツポツポツ.....


庭の手入れを中断せざるを得ない雨。

慌てて、室内に行く妃羽。


 

BACK「新しき。」  NEXT「本当は」