現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

新しき。

小さな世界 > 第6章「休息」
 



ライト・グリーンのシーツを山のように積んだものを持ち、トコトコ廊下を歩く花宇。

屋敷内全部のシーツものを「ライト・グリーン」に変える、ということになり忙しくしていた。

ベッド・メイキングをしながら花宇は思う。
「(・・・愛、が良い方向に行っているような・・・うーん)」

召し使いA「うわ〜ん、まだあるよ〜」
召し使いB「李さんでも困ることあるんですね?」

ハッ
「(そうだ。来客があるからパンケーキ用意しないといけないんだった!)」

急いでパタパタと厨房へ向かう花宇。

コック「お、花宇さん」
花宇「あ、ドンさん こんにちはー」

ドン「ふー。いっぱいあるから大変だよ」

ふんわりと、良い香りが厨房を包んでいる。

花宇はクリームをケーキたちに掛けていった


「(7月にボストン周り?に7色飲料水を出荷して、8月に上海に戻って出荷・・・
先だなー・・・中国に帰るの)」

ドン「花宇さーん、ラズベリー茶をお願ーい」


-------------------------------------------------


日に日に強まって行く・・・
主からの意思・・・

パン・オンラインの会員証がカチャンッと落ちたあの日

花宇「(事情・・・私の事情を知っている人が見たら何とも思わないだろうけど、
一種の警告なのよね)」

夜、寝る直前。
電気を消す前にハーブティーを飲む花宇。
(カフェインがない)


・・・

竹流『あれ?あとD層だけだよね?
あのアホな人』

カチャッ
ティーカップを置く花宇。

花宇「(D層に行かないといけない。でも妃羽さんが・・・)」


花宇は紙に丁寧に書いていった。

せっせ
1、おば、、妃羽さんを幸せに!
2、妃羽さんと俐人様を『自然』に仲良く?させる
3、ジェムストーンの質を上げる

ぽや〜ん


今日の、部屋間違い事件を思い返す花宇。

花宇「(何か、自然な感じがしたような のほほんとして)」


主の力に操られてそのままシナリオをたどったり、
その力に反抗してバグの動きをしたり・・・

そういう「主の力に振り回される人形」ではなく
自分の意思を持って動く人間、になってきている

ように感じる花宇。


-------------------------------------------------


クリスティン「えっ」

ナイトライド「ちょっと女の子とラブラブしてきます!」

ある日のホワイトロウ家。


でかい樹の上に座る竹流と、すぐ下に座ってアイスを食べるナイトライド氏。

「女の子がいるはずだったのに!」
すかしをくらったようだ。

『あ、もしもしホワイさん?(※愛称)あれですよ今何してんすか?
え?んなもんどーだっていいじゃないっすか
あれですよ、え?
いや んなもんどーだっていいから(略)

てな訳で○○で集合ってことですよ
え?女の子?いるに決まってるじゃないですか(略)』


竹流がナイトライド氏を呼び出す
→女の子がいると嘘をつく
→すぐ来たナイトライド氏


ナイトライド氏は未生命になる運命だったのに、あまりの欲の無さに
他の未生命が「この存在ならいいや・・・」と道?を開け、
本人の望まないにも関わらず『生命』として誕生した、という人であった。

レアケースというのは星の数以上にあるだろう。
ナイトライド氏の誕生もこういう『レア』の名の下に生まれた。


闘争心が並ではない「竹流」はこのナイトライド氏に目を付け、話し掛けるようになったのである。


呼び出したのに、結局『ホワイさん家行きましょう。大丈夫ですか?』とホワイトロウ家に行く
ことを提案する竹流。


<ナイトライド私室>


ラムちゃん抱き枕をお尻にひき、散々関係無い話をして・・・

竹流「まぁまぁまぁ。今日ここにお邪魔したのは・・・」

と本題を話し始めた。


え〜花宇って
「花、に宇宙の宇?ファウー、だよね」

竹流はラムちゃん抱き枕をみつ折りにしながら言った。
「知ってるんですか?っていうか知ってますよね」

ナイトライド「え、だって。エンペリシャス・・・薬渡したよ?
その子が来んの?」


D層の『秘密管理人』がナイトライド氏になった。
糸、としての花宇が来るので宜しく、というお報せであった。


今までのあらまし

1、元々のD層の秘密管理人は『愛花』
2、でも、愛花はF層に行ってしまった。
3、F層に行ったけど、時間のバグが起こって会えなかった


竹流「今?G層、一番下のね。にいるん?ですよ
で、まだD層の背骨、に糸を通してないから
ホワイさんが秘密管理人に」

ポリッと薄いクッキーを食べてナイトライド氏が首を傾げながら言った。

「え、だって愛花さんいるんでしょ?だったらその人でいいじゃん」

竹流「一度時間のバグを引き起こしてますからね。
また何かで会えないことになるかも。
・・・ちょっとまぁ事情が。詳しいことは言えないんすけど、まぁ事情があるんですよ
花宇さんと愛花さん」

じょぼぼぼぼぼ

すごい勢いでソーダをコップに注ぐナイトライド氏。

ぐいっと飲んで「うっごぉおおおぉお」と叫び、言った。

「じゃ、やっとく、か!」


 

BACK「バランスが」  NEXT「混沌」