現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

バランスが

小さな世界 > 第6章「休息」
 

 

その日も、庭の手入れを怠り、ひたすら『森羅万象』のCD作成をする妃羽。

♪♪ ♪
♪ ♪♪


♪♪

「(主さんの、願いって『G層を現実にする』というのと、
私・・・つまり主さんと俐人様が一緒になる、というの、だよね)」

♪♪

鍵盤を叩きながら妃羽は思う。

妃羽「(俐人様は俐人様の意思がある。
シナリオ通りに動くのではなくて、あの人の意思で行くべきだと・・・)」


チャラランッ.....

ずっと考え事をしながら『森羅万象』を弾いていた。

「え?」
いつの間にか終わっている曲。
妃羽は驚いた。

録音した曲を聴いてみる彼女。


「(かっ完璧!え?!)」

『おまえのピアノはやっぱりすごいよ
本当に・・・』

あの時の暘谷の言葉が蘇る。


わぁっ
両手を合わせて笑顔になる妃羽。
「(これで作成完了。やった)」


荷物を片付けながら妃羽は思った。

妃羽「(もしかして、、『森羅万象』って
・・・想い・・・なんじゃ。俐人様の)」


上手く弾けなかった昨夜。
何もツッコみを入れずに魂を入れるかのようにしていた俐人。


上手く定まらなくて、まだ不安定だった『森羅万象』。

完璧に弾けた時は「自分の想いを込めて」ではなくて、俐人の意思、を考えて弾いた時だった。


-------------------------------------------------


え?

正はうなずいた。

「そ、そんな。・・・でもそういう約束でしたね」

正はかつて言ったのだ。
妃羽の音楽はこの世界の人間たちを少しおかしくさせてしまう。

・・・
「ピアノを控えた方が宜しいですね」
正が言う。


ただ、
「愛、が良くなっているような気がします」
比較的優しい笑顔で正が言った。

・・・

ふたりは思い出す。


あの日。
『俐人様を愛していない』
『もっと言うと誰のことも愛してない』

正は穏やかに言っていた。
(穏やかに言うべきことか)


妃羽「物質と精神のバランスが良くなったからかも」

正「え?」

慌てて妃羽が言い直す。
「あ、いえ。バランスが。取れて来たのかなと」


妃羽私室。

荷物をドサッと部屋の隅に置く妃羽。

愛に支障がきたしていたり、精神主義だのが不安定だったのは
「力」に対する抗いだった。

それが無くなりつつある今、『独立』し掛けているからだろう・・・と
妃羽は思う。


「(私は主さんの分身だけど、本当の目的までは読めない。
G層は・・・どうなって・・・)」



俐人は日に日に妃羽に甘えるようになった。
変な意味ではなく、言葉そのままである。


「(バランスが取れてるのかなぁ 精神と物質の)」
愛、と触れ合い(スキンシップ)。

妃羽もそれに応えた。
まるで寄り添いあう、猫の兄妹のようである。


花宇は清掃しに部屋に入った時に偶然その姿を見てしまった。

あ!
慌ててドアをそっと閉め、「(部屋間違えた)」と思う彼女。


・・?

少し経ってからくるりと先程の部屋を振り返る。




不思議な違和感を感じる花宇。


その日の魏家は、のほほんとした空気で包まれた。


img by @ZakuroHayateさん
https://twitter.com/zakurohayate
(現在は退会なさっているようです)


 

BACK「変化」  NEXT「新しき。」