現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

変化

小さな世界 > 第6章「休息」
 



俐人「ずっと来ないから・・・何してるのかと思って」

妃羽は『森林』をアレンジした『森羅万象』という曲をCDに収めようとしていて、
全然上手くいかなくて遅い時間にまでなってしまった。
ということを説明した。

是非とも聴かせて欲しい、と俐人は言って。
妃羽は弾くことになった。

♪ ♪♪

妃羽「あ、あれ」

不思議と、弾けなくなる妃羽。


俐人は魂が抜けてる?顔をしている。
妃羽が「あの、済みません」と後ろを振り返って、謝るとそういう顔をしている。



違和感を感じる妃羽


-------------------------------------------------


深夜。
俐人は顔を最適化(目が線になっているだけ)をして寝ている。

妃羽「(何があったの・・・?え・・・)」

不思議に思う妃羽。


・・・

ガラッ

トントトンッ トトトンッ

トンッ

ベランダに出て、『森羅万象』をコンクリートの上でせっせと弾く動作をする妃羽。

妃羽「(ダメだ。弾けない)」
衝撃を受ける。

何故だろう?
意味があるの?

気に入っていて、暘谷にも褒められた曲。
CDにもまだ収めていない。

ど、どうして?

妃羽は頭を抱えた。

「(下手でもCDに収めておけば良かった。
今は弾けない)」


ニャ〜ア

ベランダを、一匹の猫が渡って来た。

妃羽は顔が輝く。
「ユウ!久し振り!」

駆け寄る妃羽。

パッとユウを取り、ぎゅうぅっと抱きしめる。
「元気そうだな。何か顔つきが・・・」
あれ?という顔をして妃羽を見るユウ。


ベランダはバルコニーテラスなのだが・・・

そこの椅子に座りながらユウと話す妃羽。

「悪夢が少し収まったようで良かったぜ」

少し心配していたようだ。


「何やってんだ!」

後ろから俐人の声。

体調を気づかっているらしい。


-------------------------------------------------


眠れない?とひたすら優しい俐人。
ユウのことは突っ込まず、色々と妃羽の話を聞いていた。


・・・


くーくー

ふたりが静かに寝息を立てて眠る頃。

ズ.....ズ.....ズズ.......
ズズ....ズズ.....

ズズ.....ズ...ズ...

黒い物体たちが、ふたりを取り囲んだ。


妃羽は苦しそうな表情を浮かべ、しばらくそのままであったが。

ブレスレットがその黒いものたちを跳ね返した。



夢の中。

妃羽は魔法使いの少女と会った。

黒い洞窟の中だ。

「2.5 Museum of Art」っていう美術館の
『俊 有(しゅん ゆう)』って名前覚えてる?

何か、ある絵の作家の名前。


少女の声。エコーが入っている。

「私の名前はシュンユー。覚えておいてね・・・」

「悪夢から必ずあなたを救うわ。任せてね」


妃羽は洞窟でドサッと倒れた。

後半は少女ではなく、大人の女性の声だった。


 

BACK「ほどけていく」  NEXT「バランスが」