現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ほどけていく

小さな世界 > 第6章「休息」
 



新しい世界に次々と成っていく。そういう確信があった。

私が選ばれた「生命」として君の目にとまり・・・

その私が君という、やはり「生命」と再会した。

そしてG層が新たに生まれた。
生まれ変わったとでも言うべきか。


妃羽「最初にあなたを見て、『生命』として選んだのは『主』です。きっと。
私、は主の身代わりで、同じく『生命』・・・」



全ては主が俐人を『生命』として選んだことからコトが始まったのだ。

G層という巨大な物体を新しくさせるために、『生命』と『生命』が必要だった。
つまり選ばれた人形と、主の身代わり人形が必要だった。


こうして、パーティでふたりは出会い・・・

G層は新しく創られていった、のであろう。


妃羽はベッドで半身を起こす形で、
俐人は横にあるソファーに座る形で、、
ふたりは話していた。

妃羽「あの・・・
層世界とか、色んな秘密?は御存知だったのでしょうか」

別に怯える必要なんてないのに恐がるような感じで言う妃羽。

俐人「知ってたよ。そりゃね」

ずっと・・・君を見守っていた。
と、俐人。


「あれっ 今思い出したのですけど
花宇さんから、って・・・知識・・・」

俐人「嘘に決まってるだろう
知らない振りしてた」

ゾクッ
寒気がする妃羽。


-------------------------------------------------


翌日。

ピアノを弾く妃羽。

♪♪〜

「(ダメだ!今日は全然ダメ・・・)」

暘谷に頼まれていた『森羅万象』のCD作りに励むべく頑張っているのだが・・・
何時間も弾いても、、全く上手くいかず。

・・・

ポロロン.....

『森林』

主の、、俐人様への想いなのね。

強い想い・・・
確かに、、激しすぎるとは思った。

あっ

『G層を現実のものにしようとしている』
『君がジェムストーンな訳だ』

あの時の会話。

妃羽は固まる。

私が触媒(ジェムストーン)として砕け散って、、この作りものの世界が現実になる?
魔法を使って!

妃羽「そんな!」



妃羽「(私は何となく大丈夫な気が・・・
砕け散る訳、ではない。・・・同一化かな?)」


『現実を受け止められないあなたに、誰かが『事実』を提供しようとしてるの』

『空想は空想。でも、ひょっとしたら『空想ではないかもしれない』
そういう「願い」のもとに、、
私たちは生み出された』


主さんは、作りものだって思いたくなかった。
空想だって思っていても、「これは現実だ」って思いたかった。

現実を受け止められないのは主さん。

魔法使いの女の子が言っていたのは主さんへの言葉。
私と一心同体だから・・・


『そういう「願い」のもとに、、
私たちは生み出された』


『約束よ。念はかならず『真実』になる
強く信じて。
あなたの、信念を貫いてね、生涯』


はい。
虚空を見つめる、妃羽・・・


-------------------------------------------------


夜中。

「(全然ダメだ。こんな時間までやってるのに・・・)」

♪♪ ♪

他の曲もまるでダメで、妃羽はフーッとため息をついて諦めた。


妃羽「(『森林』が『森羅万象』にパワーアップした。何かの意味がある。
信念が増幅?したのかな)」

いそいそと片付ける妃羽。


ガチャッ

見ると、俐人がピアノ室に入って来ていた。


 

BACK「独立」  NEXT「変化」