現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

謎の花のような

小さな世界 > 第5章「知られざる」
 



その日はとても暗くて、雨が降っていた。

湿っぽく、空全体が風邪をひいているようだった。


空を見上げながら花宇は思った。

花宇「(この空の先にA層があるのかな
でもそうよね

C層も(私が元いた世界も)あるのね)」


諭弦『あの方の意思を感じ、そして最終的に「シュンユーさん」を助けて下さい・・・』


花宇「・・・」
思い出す度に暗くなる言葉。


-------------------------------------------------


専用の掃除機で床を掃除する花宇。

苦手なので注意深く掃除をする。

花宇「(そうやると効率悪くなるのよね)」

ふと、花瓶の花に目が行った。

花宇「(すごい綺麗。誰がやったんだろ)」

・・・

・・・

何となく、『造られた「花宇」という人間』にも思えたし、『主』のようにも見えた。

世界、、7層の世界にも見えた。
(A〜G層の)


ウィーン・・・

ヴィーンンンッ!

ウィーン

汗をかきながらあちこちを駆け回る花宇。


・・・
何となく先程の花を見る。

・・・
「(何て。美しいのだろう
私の世界はこんなのあった・・・?)」

G層の様々な記憶(植えつけられた)を思い出す。

たくさんの色があって。
悲しみ、痛み、喜び、怒り、愛・・・

たくさんある
たくさんあるけど

全然見苦しくなくて

完璧な調和を保ってるよ

「(G層が一番、綺麗だよ)」

ああいう7層全部を表すような
美しいG層

・・・

『約束!わしを幸せにするんだ!』

「(ここで、絶対にそうするから。それまで
死なないでね)」

後半少し笑いそうになった花宇。


-------------------------------------------------


シーツ交換が終わり、シャンデリアの掃除に行く花宇。
1回落ちて、少しトラウマになっているので気を引き締めている彼女。


「(私決めた!魔法、シュンユーさんと竹流さんの・・・確かに助けるけど
妃羽さんの恋は「養殖」にはしない。
G層を現実にする魔法には全力で協力させてもらうけどっ)」


キュッキュッ
キュッ

シャンデリアを拭く花宇。

足元に気を付ける。

「(あーあと5部屋か。まだまだか)」


終わったら、ほこりが落ちた分、別の召し使い(ここでは愛衣)に
床とじゅうたんの掃除を頼まなければならない。



花宇「(あー早く帰って『神々の黄昏』の続きを読みたいなぁ)」←すごいファン

(※ちなみに「帰って」とはC層に帰って、の意である)


C層の清子は『神々の黄昏』というD層の物語を読んでいる。

D層の愛花たちは『Lily』というE、F層の物語を読んでいる。

E、F層の理々たちは『小さな世界』というG層の物語を読んでいる。


全部「国」が作っていることになっていて、誰が書いたとかそういうのは誰も気にしない。


しとしと.....

花宇「(G層にはたくさん素敵な物語がある
G層の下が出来るとしたら
すごくいっぱい良い層が出来るんだろうな)」


ビカッ!

ものすごい雷が落ちた。


何かを否定するかのように、そして脅すように・・・


雨は珍しくずっと深夜まで降っていた。


 

BACK「色々なデラックス」  NEXT「きっかけは」