現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

G層

小さな世界 > 第5章「知られざる」
 



夜。
小さな召し使い部屋。
花宇の私室である。


花宇『尹 鴻日(いん ほんいー)さん?』

表に出ているのは「沙耶子」である。

(頭の中で話し掛けているのは「花宇」)


キョロキョロッ
沙耶子は辺りを見回す。

「たーばーこーないワケ?」

花宇『煙草なんてある訳ないでしょ!』

ふぅーん
ドサッ 詰まらなそうにベッドに腰掛ける沙耶子。
(ぼうじゃくぶじ、、

室内に流れている「月光」をしばし聴いているようだ。

曲に、何かを感じる沙耶子。

花宇『沙耶子さん、鴻日さんが?秘密管理人?』


・・・


先刻。


沙耶子「妃羽さんは主。G層の。背骨じゃないわ」

沙耶子を呼び出したばかりの頃。

花宇『え』

水滴の付いた窓にスナフキンの絵を描きながら沙耶子は言った。


1、A〜G層全てが「主の世界」
2、でも、G層は妃羽が主でもある。

3、G層の主、を仮に妃羽にすると、
主と秘密管理人が重なるのは無理がある。


パチクリする花宇。


・・・
沙耶子の考察を紙に書いてもらい、読む花宇。

ふむ
花宇「(確かに・・・『主(この場合妃羽)』と
秘密管理人が重なっちゃうとこんがらがっちゃうもんね

主、が主人公でしかも秘密管理人・・・
無理あるなぁ。確かに・・・)」



『尹 鴻日よ』


冒頭に戻る。

バサッ
ベッドに身を横たえて沙耶子が言った。

「人数が多いから、すぐ潰されないように、強い力を持っている組織の人間じゃないとダメね。
そこに所属する、ナンバー2」

沙耶子は語った。

世界を裏で操っているのは中国。

中国を裏で操っているのは上海。

そして上海を裏で操っているのは魏家。

魏家の第2秘書『尹 鴻日』に行き着く、と。


ちゅ、

花宇『ちゅ、中国が世界を支配?きーたことありません。そりゃ好きですけど!
・・・でも沙耶子さんがそう言うなら。
(上海も魏家も、、そうなのかなぁ)

どうして、魏家の大旦那様に行き着かないのでしょう』

♪♪ ♪

カチッ

♪♪

♪〜

沙耶子「ん〜♪やっぱクラシックよりポップよね〜」

音楽を代える沙耶子。


「ほんとーの権力者を『秘密管理人』にしたら世界勢力変わっちゃうでしょ!
何言ってんの」

花宇『あ・・・』

「暘谷氏は実直すぎてベラベラ話してしまうかもしれない。
鴻日氏なら秘密を守りそう。野心も強そうだから余計ね♪」

ポップの音楽が静かなものに変わっていく。
音を小さくしよっ、と沙耶子が立ち上がった。

カチカチッ

花宇『?』

♪ ♪

♪♪〜♪

♪♪


『月光』である。


花宇『麗海(りーはい)さんとかは・・・』

沙耶子「可能性はあるけど。余裕ぶりを見ていると鴻日氏が怪しいわ」


花宇『(そんなに簡単に・・・分かるものなの?)』
例えIQ210とは言え、すぐには信じられない花宇。

世界を中国が牛耳っていたなんて。
私の設定を「中国育ち」にしたA層、B層にした人たちは何かを感じてそうしたのかも。

上海とか。魏家とか。

花宇『(いいのかなこういう知識。危険な気が・・・平和に過ごしたい)』


でも。


ビカッ

雷が鳴る。
全然怖くない。

音楽もあまりない、精神愛も薄い、生きたい生き延びたい、そして生命を脅かすほど未生命が貪欲になっている。
・・・
そういう世界は、「力」というものに守られた組織にいる人間が『秘密管理人』にならないといけないのかも。

それでも
そうだからこそ、きっと「幸せ」が何億倍もの希少品になる。


「寝るよー」
沙耶子が言った。


 

BACK「通信不可」  NEXT「時計の音」