現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

通信不可

小さな世界 > 第5章「知られざる」
 



窓際から外を見る花宇、中身沙耶子。
封印されていたが、謎を解いてと「清子」にお願いされ
一時的に表に出ている状態だ。

しとしと。

くっらぁ〜 やんなっちゃう
あ〜やだやだ。娯楽とか無いのぉ?

早朝時。誰もいない部屋で外を見て沙耶子が言った。

『沙耶子さん、まぁまぁ。人が来たらアレだし』
花宇が頭の中で語り掛ける。



パリンッ!!

花宇『!』


・・・ことの始まりは、諭弦を呼び出すベルが自ら破裂したことから始まった。


数日前。
花宇『秘密管理人を教えてくれるはずの彩海さんが来ない・・・(汗)』

長い時間を経ている設定になっているが
この世界に来たばかりなのだ。


困り果てた花宇だったが、

意味があるのだろうといたずらに時を過ごしていた。


そのうち、諭弦のベルを思い出し、お昼休みにそっと鳴らしてみたのだが。
全く反応せず。

花宇「(やはり意味があるのかな)」と思っていた彼女だったのだが、
夜にまたベルを鳴らそうとした途端に


パリンッ!!

という訳である。


-------------------------------------------------


こんなことだろうと思った〜。
ため息をつく沙耶子。

普段は封印しているが、緊急事態なので「沙耶子」の封印を
解いたという訳である。
(封印、と言っても大袈裟なものではない)


しとしと雨を見ながら無言の沙耶子。

「G層は一番下なの。自分より下がいないの
だからー『自分より下を作りたい』って欲が激しいのね」

花宇『は、はぁ・・・』頭の中の花宇が反応する。

窓際にドカッと腰掛ける沙耶子。

「自信ないから争いごとして『下』を作ったり、
恋愛して自信を埋めようとしたり。
それで人口がどんどん増えるのよねー」


しとしと.....しとしと.....


沙耶子「G層はもう、混沌の坩堝(るつぼ)になってるから・・・
主でも、もう制御不可能なんじゃない?
だからA層の人たちも来れないとか♪」

花宇『そ、そんなっ!』


カチャッ
誰も来ていない召し使いの休憩室。

お茶の準備を済ませ、音楽を掛ける。
お香を焚く。


ポケットに入っていた壊れたベルを取り出す沙耶子。

「(きっと力がちゃんと届かなくて壊れちゃったのね。
ここ(G層)には容易には来れなくなってる・・・)」

花を探しに庭に出る沙耶子。
花瓶にさす用の花だ。

「A層の人たち、多分もう来れないだろうねー
もちろん他の層も♪」
のんきに言う沙耶子。

『え、えぇ〜っ』と花宇。

・・・何らかの存在がG層の質を悪くして、それで変なことが起こってるみたいね。

険しい顔になる沙耶子。
「・・・」


-------------------------------------------------


しとしと。

花宇「(シュンユーさんも侵入不可だったA層入り口からA層に入って、
それからA層からずっと・・・下に行っていって、、)」

シーツ交換をしながら今までのことを思い出す。


主の意思を感じて下さいって諭弦さんは言っていた。
花宇「(恐らく『妃羽』さんに何らかの魔法を掛ける・・・)」

あの巨大な磁力で分かったことがある。

この世界の主人公、そして創造主。

・・・
「(目的が同じ、ってことよね)」

『約束!わしを幸せにするんだ!』
約束!

ふふっ
「(これも運命ね)」

鼻歌を歌うのんきな召し使いひとり。


「あなたー、これもういいの?」
「これ3つお願いー」

わたわた。

朝の慌しい声が聞こえてくる。

おっとっと。
「(庭を掃除しなきゃ 後また夜に沙耶子さんと話しよ)」


朝日が眩しい。
とても天気が良くなりそうな雰囲気と、良い空気。

ザッザッザッ..... ザッザッ.....

いつのもの場所を掃く。


「(秘密管理人て誰なんだろう。
妃羽さん、なのかな)」

・・・
ザッカザッカ.....


その日は、とても快晴になった。


 

BACK「紅葉桜」  NEXT「G層」