現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

一瞬だけ

小さな世界 > 第5章「知られざる」
 

 

え?

彩海「時間のバグが起こってる。D層の秘密管理人と、ここF層で会えないことに、、
なったわ」

ここはF層、パン・オンラインのヘーベル高原。

花宇の中身、「清子」はD層の愛花に会えるのを楽しみにしていた。
『神々の黄昏』という本に出てきた大好きなキャラだからである。


ナイトライド氏、アルドヘルム、クリスティン、
そしてジョセフ。
D層の様々な人々に会ってきて、

ここ、F層に降り立ち、D層の秘密管理人、愛花と会うことになっていた。

(※E、F層には秘密管理人が存在しない)


・・・
彩海「2年後、愛花さんはここにくることになっているわ。
普通に時間を合わせて、すぐにでも会わせることが出来るのに・・・はずなのに。
・・・時間のバグが起こった・・・」

時間のバグ。

層ごとに時間の概念が混沌としていて、層を出ると違う「時(とき)」に迷い込む。
それらを「主」が自由に操作するのだが―・・・

・・・

彩海「主、でもコントロールが出来なかった。
世界の法則が、あなたと愛花さんを会わせないでいるのね・・・」


ツツーッと涙を流す花宇。
「ぞっぞんなぁっ せっがく来たのに!」

・・・
汗がにじむ彩海。

高原に何故風が吹いて汗を乾かしてくれないの、と思う。

「(この・・・想いの深さが・・・愛情の深さを物語ってる・・・
そして愛花さんの、、生みの親だという、、)」

気付くと彩海も涙を流していた。


-------------------------------------------------


えっさえっさ

ごっちゃごっちゃ

「あーこれも。これも。あーこれ要らない」

箱に色んなものを入れる花宇を、後ろから見る彩海。
「あ、あのエンペリシャスの薬だけで・・・と思うわ(汗)」

ここは小さな木の家で、小さなキッチンとダイニングがある。
即席で彩海が買い、そこで作業している。


2年後に来るという愛花に、ハッピーバースデー!の箱をプレゼントということだ。

すぐにでも会いたいが、2年も待っていないといけないため、
愛花に会うのを諦めて、せめてエンペリシャスの薬を、、という訳だ。


くるっ
「え?」

「私の精神力も使うわ(汗)。疲れを取るのに日にちを擁するけど」

花宇「やって下さい!」
手を上げる花宇。

・・・

「想いを詰める」魔法だ。
何かのビンとか箱とかに、想いを詰める。

しかしそれが柔らかければすぐ漏れるし、大きな想いならそれ相応の硬い箱でなければいけない。


この世界でいっちばん硬い鉄箱を!
感情的すぎる声で言う花宇。


-------------------------------------------------


彩海「すごい重さね(汗)」

彩海は一番硬い「鉄箱」をアイテム屋で譲ってもらった。
店長「誰も使わないし、何かおまえさんとこ譲ったほーがいい気がしてな」
何かを感じたようであった。

・・・
・・・

こうして。

彩海の「想いを詰める魔法」で鉄箱に『清子』の想いが詰められることになった。

花宇「これでお別れですけど、、絶対、絶対私・・・」
会いに来ます、と言おうとして止める花宇。


D層秘密管理人と会わないと『糸』との役割が果たせないが、
「ナイトライドさんを秘密管理人にするわ」
と彩海。

ナイトライドさん・・・あの学者?さんか。
あれ?聖職者の服を着ていたような?
何でもあり?
考え込む花宇。


彩海「まずG層、、大事なところよ。そこに行って、糸を通したら
次にD層。
それで終わり」

ビクッ

寒気がする花宇。


G層の名を聞いてずっしり体が重くなる感覚。
様々な設定で、自分ではない自分として本格的に新たな世界に行く予感。

役目の大きさ大変さに青くなっていく花宇である。


チリン....

彩海「これで、・・・諭弦さんを呼び出せるわ」

キラキラと輝くベル。


5回鳴らせば、すぐに飛んでくる。と笑って彩海が言った。


諭弦『何かあれば、いつでも何処でもあなたをお助けに参ります。
わたくしを、いつでも頼って下さい』

あの時の言葉を思い出す。


頭を左右に振り。

うっし、とガッツポーズを取る花宇。


 

BACK「パライバ・ブルー」  NEXT「あの人は」