現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

エンペリ?

小さな世界 > 第4章「global」
 



D層にある巨大な図書館。

そこにある様々な「古代の騎士職関連」についての本を読む花宇。

『フェンリルナイト』
『エンペリシャス』

名前だけは出てくる。

誰も読まないような奥の方に眠っている本。
その中に様々ことが載っていた。


「(・・・にしても、彩海さんがたくさん教えてくれたのは
D層の秘密管理人が不在で、どうしようもなかったからだよね・・・
有難い運命・・・)」
必然的にそうならざるを得ない『流れ』を

有難いこと、と受け止める花宇。



1時間後―・・・
すっかり疲れきる花宇。

「(午後2時から食堂。遅刻しないようにしないと)」

『糸としての任務を果たす』代わりに最低限の生活は保障される、という
約束があったのだが(A層&B層から)
何となく体の潤滑油が古くなりそうで、体を動かすことに精を出す彼女。


スッ
男性が花宇の机に手を乗せて言った。
「何かあったの?え、何これむずそうじゃーん」


知らない男性である。

え?とあたふたしていると
男性は言った。

「エンペリシャスはさーほら、俺がやるようなもんじゃん?
まぁちょっと弱いけどな ちょっと」


-------------------------------------------------


すっかり面白い訳の分からない雰囲気が漂った。

ワープする魔法でバサーッ!とマンモスがたくさん出てくる狩り場に連れて行かれる花宇。


花宇はがたがたしていたが、寒さと怖さで。

「か、帰して!あ、あなたは!プリースト(僧侶)系えぇえぇ」


ポチポチポチッ
男性は空間に操作画面を出し、キャラチェンジを行った。


マンモスは史上最強の哺乳類である。

というより、むしろゾウが最強なのだ(グーグル参照)。

その、ゾウの祖先の「マンモス」。がいかに最強か、略であろう。




バンッ!!


全身真っ黒、いかにも強そうな騎士が出現した。


マンモスたちは動かず、しーんと留まっていて
真っ黒い騎士も静かにたたずんでいた。


!と

ヌルリニャー!!!!
グアタタターゴ!!!
空からマンモス以外の良く分からない変な鳥たちまでやってきた。


「どうしようかな」
ぼそっと黒い騎士がつぶやき・・・

マンモスたちが襲って来て、テキトウに全部かわしていっていたところ


先生!

突然、何処からか金髪のプリーストの女性が遠くからやってきた。

女性「どーしたんですか!格好良い!」

男性は慌てた「クエスト(課題。任務のようなもの?)の最中ですか!」

女性「はひ!」


ガーッ!

バコッ!!
話している最中にマンモスが女性に攻撃・・・

女性はうぐっと血を吐きすっとんで行った。
普通ならテレポートで上手く敵をかわすのである。


男性「てめぇらさ。やっちゃったね」

騒がしくなる男性の周り。


男性は剣を落とした。

片手でマンモスの首を軽く締め上げた。
泡を吹いて即座に目が充血するマンモス。

スッと高く持ち上げてしばらく静止した。


ディスインテグラートワー(分子破壊攻撃)

いつぞや、フェンリルナイトである裕也が使っていた技(実力!)だ。


シュッ
最後に右手を左から右へ横にスーッ!とする動作をした。


大きな太陽のようなものが地面から抜き出て、
ど〜ん、とモンスター全員天国へ行った。


-------------------------------------------------


ま、ギリでやつけられたよね。
と男性。


花宇「(ちょっと待って。この世界はエンペリシャスは無い・・・は・・・)」

あ!
花宇が立ち上がった。

「食堂!!時間遅れちゃう!あの、また!」

シュンッ とアイテムを使って都市に戻る彼女。


 

BACK「繋がってゆく」  NEXT「深く」