現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

受け取り

小さな世界 > 第4章「global」
 



本だらけの、狭い部屋。
部屋一面茶色。

丸いテーブルがある。


奥の方に別の部屋に行く通路がある。
そこは空色っぽい感じであった。


トンッ
シュンユーがテーブルに美しい杖(多分メインの杖)を軽く打ちつけた。


本棚から何かを探し、ある本を取り出してテーブルに置き、
空洞になった本棚のスペースに手を突っ込み、何かを探すシュンユー。

「あった」

見ると、それはきれいな小さいボトルのようであった。


「・・・今のあなたにはきついかもしれないけど、聴いてみて」

シュンユーは花宇にそれを渡した。



「(聴いて?)」
花宇が疑問に思っていると。

シュンユー「歌うのを聴くのがかったるい時は『飲む』ことで歌を味わうの
お手軽よね」



何故か少し怖い感じがして落ちないようにボトルを持つ花宇。

シュンユー「飲みなさい」


ふわっと温かい空気になったと思ったら
パシャンッ!と空気全体が細かい破片になるような錯覚。


ズッ.....と後ろに下がる花宇。


トンッ
丸いテーブルにシュンユーが杖を打ち付けた。


-------------------------------------------------


主の思い、絶望、そして希望。
烈火・・・

カツカツッ.....

室内を軽く歩いてシュンユーが言った。

シュンユー「全部、『主』の想いを私が歌ったの」


しゃがみ込んで、だらだら涙も拭かずに泣く花宇。
(そういう細胞?にされている)


シュンユーが奥の方に行った時に花宇が気付いた。

「何処かで、、聴いたことがあるような曲がある」
サッと両手を耳に当てて思い出そうとする花宇。


花宇「・・・間違いない。この曲タラタ〜ララッラ♪って知っている」

『森林』
シュンユーが言った。

・・・
シュンユー「主の、こころだからね。
それ」

テキトウに杖をくるくる振るシュンユー。


B層からG層まで。
その曲は細胞まで刻まれているのよ。

妖艶に笑うシュンユー。



気付くと、まるで三日月のような乗り物に乗せられ、遠くに運ばれる花宇。

「何も、ないでしょ
私たちの世界」

かなり上から見下ろす形になっており、下の様子が良く見える。


花宇「でも、スッキリしてて良いです。見やすいし」

とは言え、かなり高いところなのでガクガクする花宇。


シュンユー「次は、『D層』に行ってもらうわ
C層は元いたあなたの世界。糸は通ってるはず だからそこ」

花宇はシュンユーの方を向いていたが、前を向いた瞬間、凄まじい程のまばゆい光が迫った。


-------------------------------------------------


う.....

起き上がる花宇。

「え?」

さらさらさら...

目の前にはきれいな川が流れていた。


 

BACK「5層まで」  NEXT「夏の夢」