現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ツモコタツ

小さな世界 > 第4章「global」
 



はいっ

花宇「ツモーッ♪」
パタッ

・・・

えっと
いっち、にー

ピッ と3つの指を出す花宇。
「三倍役満♪」

しーん・・・

花宇「あれ?どうしたの?」
キョロキョロする彼女。

のけぞる遼一と、言葉を失い、青くなる諭弦。


-------------------------------------------------


花宇「もっと揉め〜♪」

肩をせっせと揉む遼一、脚をせっせと揉む諭弦。


先刻―・・・。

諭弦が提案した。
「何でしたらリラックスしやすいように、卓を囲んで
ボードゲームなどしましょうか」

ボードゲーム?と遼一と花宇は驚いたが、
花宇があまりに緊張で硬くなっていて、どうしたものか・・・と色々と思案していたのだった。

顔つきも変わり、普通の顔に戻ったかと思えば変な表情になったり
真面目な顔の後に切なそうな感じになって心ここにあらず、になったり

まるで「精神不安定」(無理もないが)になっていて言語が通じない状態になっていたのである。

遼一「熱い玉露でも飲めば良いんじゃないかねぇ」


・・・
で。


ボードゲームと諭弦が申し出て、
「麻雀ー♪」と沙耶子が出てきた。
・・・という訳である。


お金を賭ける訳にいかないので「肩を揉む♪」と花宇が提案。
(ほぼ沙耶子が出てる・・・汗)


上機嫌で花宇が言った。
「やっぱりサンマー(三人麻雀)最高〜♪読みやすいし♪」

諭弦が汗をかく。
「やはり、沙耶子さん、、?ですよね(汗)」

聞いてない花宇。
「5連勝だもんねー クセになりそ〜♪」


1勝につき、10分のマッサージである。


ぬくぬくのコタツ。
すっかり緊張感が解けた・・・とまではいかないが
だいぶ取れたようである。

遼一「冴子さん連れてくれば良かった。女医だし」

はは
諭弦「はい。安定剤とか・・・」



何処かの綺麗な廊下(日本風)を歩きながら遼一が言った。
「じゃあ僕はもう行きます。あの子はそうねぇ、来るとは思うんだけど。
来ないかな?」

諭弦「多分、難しいかと」

遼一「うーん、まぁねぇ。困ったけど何とかなるでしょ。花宇さんだし。
あれ、ふぁうー、でいいんだよね?」

ハッ
呼ばれて緊張する花宇。
「はっ はいっ・・・(汗)ふぁうー、です(緊張〜)」

諭弦は諭した。
「花宇さん気を楽にして良いのですよ」←優しい〜感じ


まっ何とかなるでしょ。
僕はホラ、メンテナンスが、この世界のだけど。あるから
またこれで


-------------------------------------------------


この世界の様々な電気やらガスやら・・・そういったものを一手に引き受ける
「エメラルド・トゥリー」という謎の巨大な樹がある。

莫大なそのエネルギーを整え、この世界の様々な電気だとガスだとか化学的事象を
A層全体に行き渡らせる・・・
そして各地で故障している電化製品等があれば(毎日百単位で出る)、その樹を通して
修理する、
さらに古くなったものを片っ端から専用の工場(ではないがそういう概念のもの)で燃やし、
新しいものを、更に樹のエネルギーで製造し、
設置する(これは手動。そこに行かないといけない)。


花宇「千条院さんて大変なのですね」
諭弦「そうです。主のお父上ですから」


くるっと背を向ける諭弦。

花宇は言った。


あ、あの
千条院さんてす、素敵な方ですね

よ、世の中の『男性』・・・が
そ、その『男』としてみ、見られなくなりそう

くるっと振り向く諭弦。


「す、素敵な方過ぎて、もう何か確かに主さんのお父様って言うか
・・・・・・本当に、素敵な方ですね
変な意味ではないです」

優しい顔をして微笑む諭弦。
「解りますよ」


「世の女性みながそう思うと思います」
諭弦は言った。



ゴシゴシッ
目をこする花宇。

霧の中を歩いているような感覚。

「(諭弦さんは?あれっ)」

ひたすら、足が勝手に前に動いていた。


 

BACK「ラピュータ」  NEXT「診療所?にて」