現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

新しくなって

小さな世界 > 第4章「global」
 



引き続き、A層『大学講義室っぽい部屋』。

冴子はとても落ち着いて聡明な女性で、さすがの生意気な沙耶子もおとなしく緊張して座っていた。

「―・・・花の宇宙。「花宇(かう)」。中国読み「ふぁうー」。
純日本人、中国育ち。母親が大の中国好き。
という設定にしたわ。
そこに、すでに決めてもらった人物設定を当てはめるわね」

・・・

「中国。私も中国好きなんです。偶然かな・・?」
清子が不思議そうだ。


沙耶子「中国なんてぇ〜、アジア版「メルティング・ポット(混沌のつぼ。アメリカを悪く言う際に使う)」じゃん。
くっだらな」

サッと清子がたしなめる。
「沙耶子さんっ何もそんな」

「ほんとのことじゃーん 中国なんてさー」

冴子「それで、沙耶子さんには清子さん、に戻ってもらって
あの方、の精霊に会って頂くわ」


-------------------------------------------------


淡い、オレンジ色?っぽいでかいバスルーム。
大昔のヨーロッパの貴族が使っていそうな感じのものである。

チンッ
あるベルを鳴らす冴子。
「これを鳴らしてもらえたらいいわ。着替えが済んだら呼んで頂戴」


全く恥ずかしげもなく全裸になる女の子ふたり。
これはどうやら「沙耶子」が影響していると思われた。


・・・

白衣のポケットに手を突っ込み、冴子は言った。
「理想に還りなさい。そして、創りなさい。そして
持続なさい」

スルッ
簡単に両手をポケットから出し、ふたりに両手の平を見せた。


ビリビリッ
キュルッ
シュワッ.....

何と表記していいのか分からない音が流れた。



冴子が驚いた顔をした。

そこには世にも美しい女性「花宇」がいた。


人格操作や、人格統合をしたからか、かなりの垢が噴出し、
ず〜〜っとごしごしとお風呂で体を洗うことになった「花宇」。


・・・
目が点になる彼女。

普通はこういうの「取り乱す」とかになるはずのに
自然な感じがする。

生まれ変わった?んだなぁと思う「花宇」。


-------------------------------------------------


何処かの待ち合い部屋。
テーブルはとても大きく、調度品も豪華だ。

部屋の明かりは薄いオレンジ色である。


花宇「(豪華なんだけど、どことなく作りものっぽい 気のせいかな?)」

チャンッ チャンチャカッ
チャンチャンッ



花宇はさすがに青くなった。
「(西洋風の部屋に琴の音!)」


お待たせしました。

丁寧にドアを開ける人物。


その人物は向かいの席に座った。

ニコッ

・・・
・・・

・・・
火照る花宇。
「(何て優しそうな笑顔・・・)」


コーヒーにクリープを入れてカチャカチャかき回す。
「諭弦(ゆずる)と申します。ここの主の、家来と申しますか・・・
そんな感じです」

「琴の音は気になさらず。主は琴が今聴きたいみたいで」

花宇「え?」

・・・あちこちに、琴の音が響いているはず。
あの方の音楽がこの世界に響くのです。


庭園に出るふたり。

花宇「(洋風の部屋の外が日本庭園・・・)」
やはり驚く。

ニコッと優しい笑顔を絶やさない諭弦。



諭弦「この世界は現実。空想に思えるものは、「現実であらねばいけない空想」です。
B層以下は作りものですが、ここは「現実」。

空想ではなく、現実にいなければいけない人間たちの住まう場所・・・」

「・・・私は『主』の創った精霊ですからカウントされませんが」

花宇がう〜ん?と考える。
・・・「精霊って現実にはいないですよね(汗)」

諭弦「いませんよ。だから私は『いない存在』なのです」


花宇「(・・・人間に期待を捨て始めてるのか。だから精霊を作って・・・まがいもの?だけど)」
主の意思を感じる花宇。


諭弦は、「現実であらねばいけない空想」。
そういうことなのだろう。


花宇「主さんには あ、会えるのですか」
思い切って聞いてみる。


軽く左右に頭を振る諭弦。


 

BACK「その世界」  NEXT「be...」