現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

私室・3

小さな世界 > 第4章「global」
 



カリカリッ
「これなんか良く出来てンじゃねーか」

妃羽のベッドの上でユウがスケッチブックの絵を引っ掻いた。

妃羽「・・・」


アポイントを取り、離れた部屋に行きふたりで話した。
俐人様と。
層、という変な世界観。
音楽・・・


-------------------------------------------------


せっせと庭の世話をする妃羽。
毎日毎日そればかりだ。

庭師「よっ、そこら辺でひと休みですよ。脚痛くなっちまいますよ」

妃羽は「あ、はい」と答えるのだが、休まずに庭の手入れをしていた。

心の中の整理されていない部分を整理整頓しているかの如く、
丁寧に仕事をしていた。

妃羽さん。
庭師が声を掛けた。

妃羽が振り向く。


司書の仕事が好きとか
庭の世話が好きとか

「秩序が、ものごとが整頓されているのがお好きなんですのう」

ニコッ
優しい笑顔をする庭師。

「ですがな、整いすぎるのも、、。少しだらしない部分やらダメな部分やら
あったって美しいものです」

眩しい光が妃羽を捉え、妃羽が目を細めた。

「バランスがあってこそ、世界はあり。美がある
失礼。変な話をしとうなりましてな」

背を向け、庭師は遠くに行ってしまった。




「(どういう、意味なんだろう)」
訳の分からない妃羽。


司書・・・

「(早く、仕事戻りたいな。色々忘れそう)」

ここはアメリカ、ボストン。
司書の仕事を探すにはまず中国、上海に帰国しなければどうにもならない。

ライチー飲料の出荷完了が夏のため、数ヶ月待たなければならない状況だ。


本が好きになった理由は、並べるのが好きだったからだ。
色順に並べたり、高さ順に並べたり。


『(この世界が一番上でー、この世界が真ん中なの)』

叔母『何それー。この世界も『本』だと思ってるのねこの子は(汗)』

そんな叔母も妃羽が20歳になる少し前に亡くなってしまった。


-------------------------------------------------


俐人私室、3。

・・・
アポイントメントを取ればいいってものじゃないぞ
きつい口調の俐人。


ソファーにそっと座り、話す妃羽。
手元のスケッチブックを少し持ち上げて言った。

「こ、この前この絵をお見せ出来なくて。それが何か心残りで」


俐人「それで?」
意地悪く笑う俐人。


下を向き恥ずかしさでどうにかなってしまいそうな妃羽。
本当はただ、会いたいだけであった。


「見せて」
軽く右手を出す俐人。


-------------------------------------------------


俐人のデスクに妃羽がスケッチブックを遠慮深く置いた。

俐人「稚拙だな」
さらりと言う彼。

まー、そうよね・・・ と小さく思う妃羽。



何だかとても優しい顔になっている俐人に気付く妃羽。
・・・

パサッ

少しして。
「話にならんな」
冷たく言い放つ俐人。

そ!
「そうですよね!分かってます。
・・・あの済みませんでした」
妃羽は分かっている結果が出て、すぐに答えた。
(会いたかっただけだから)


<10分後>
3人の人間がやってきた。

執事、正樹 正
副執事
召し使い長


絵を見る3人。
落ち着き無くふむふむ、と見る召し使い長と
正のように落ち着いている副執事。

召し使い長「どれもいい!・・・けど最後かな」
汗をかく副執事。
「どれもいいので決めかねます」とつまらないことを言った。


・・・
う〜む
「(どれを選んでも結局は妃羽さんの絵が採用される。
テキトウに選べばいいのだろうか)」

何かを知っている正は悩んだ。

俐人「正」
少しイラついたように言う俐人。
彼をライバル視しているらしい。


正は冷静だ。
「(急かされているが、どうすればいいのだろう)」

シャネルのエゴイスト・プラチナムの香りが漂う。
正の愛用の香水だ。


どれも決めかねます。
「妃羽さんが決めても宜しいのではないでしょうか」

意味不明なことを言う正。
本当は計算であることを誰も知らない。


用事が済んだので、迷惑にならないように急いで退室しようとする妃羽。
3人が下がったのを見計らい、「有難う御座いました」と丁寧にお礼を言って退室しようとした。


俐人「待て」

え?
振り向く妃羽。


 

BACK「予感」  NEXT「何かの足音」