現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

忍武

小さな世界 > 第4章「global」
 

  武士  

    忍者 忍者


○正々堂々卑怯なことはしない(武士)
○危険と思われる人間の諜報をし、身を守る(忍者)

○責任はきちんと取る(武士)
○理不尽なことを押し付けられた際は逃げる勇気を持つ(忍者)

○騎士、ナイト(武士)
○暗殺者、アサシン、シーフ(忍者)

○人をステータスで見抜き、向上心の糧にする(武士)
○人を心で見抜き、結果後々の身を守る目安にする(忍者)

○褒められても調子に乗らない(武士)
○褒められても無表情(忍者)

○けなされたらやつける(武士)
○けなされてもスルー(忍者)

○正々堂々戦う(武士)
○計算をして相手の裏をかく(忍者)

○誇りを持つこと。卑怯なことは絶対にしないこと(武士)
○謙虚であること。ことを荒立てないこと(忍者)



-------------------------------------------------


前回。
日本という国の昔の職業『武士』と『忍者』は世界に誇る素晴らしい職業だとルーリーが見抜き、
良い部分だけをピックアップして

B層〜G層に染み込ませて欲しい・・・、と竹流に頼んだ。のであった。


竹流「これは〜、、何ヶ月掛かるかぁ」
竹流は大きく息を吸い込んだ。

ルーリーはニコッとサービス笑顔をしながら腰を曲げ、
「たけちゃんならすぐでしょ?」と言った。

竹流「まぁ俺はすぐこんなの気が付いたら出来るんだけど。
もうえーって言うほど。
ってちょっと待って。
これは、、大変だぞぉ・・・」


ハッ.....

ルーリーがテーブルの上にある、七匹狼を見た。

ルーリー「7つ、の狼・・・」

A、B、C、D、E、F、G

ハッ

ルーリー「7つ、って。A層、含めるじゃない」

竹流が振り返る。

「A層は誰も、、主以外は不可侵のはず。
じ、実際は知らないけど
どうして『A層』も影響させられる、、の?」


面倒臭いことバレちゃったどうしよう。
うーん。

・・・と考える竹流。


シュルリンッ

呼び鈴が鳴る。


一瞬沈黙が走るが。


シュンユー「うちのたけちゃんが来てるって言うから来たの」

う・・・

シュンユーを見て何故かあまり言葉を発せ無いルーリー。


-------------------------------------------------


三日月形の乗り物。
B層の乗り物である。



シュンユー「『お侍』と『忍びの者』・・・」

帰宅の最中である。

「私が多分『武士』で、たけちゃんが『忍者』ね」

竹流「そうかなぁ。まぁシュンちゃんがそう言うならそうなんだろうけど
でも難しいね」


飛行していたのだが、ある湿り気のありそうな草原に降りるシュンユー。

シュンユー「どっちも良い所も悪い所もあるでしょ
いいとこだけ切り取って、たけちゃん何とかしてよ」

ハッ?

竹流は後ろにいたのがそれを聞いて仰天した。


シュンユー「ルーリーの案すごくいいなって思ってね。
いいとこだけ取って濃縮して、層に振りまくの
たけちゃんA層だからいっぱい振りまけるしね」


・・・

少し考えて竹流は言った。

「うん」

さわっ.....
風が吹いた。


竹流「ただねシュンちゃん、何でも思い通りになれるのなら
今頃とっくに思い通りの世界になってると思うの。
その力を持ってたとしても、何らかしらかのバランスが壊れたり。
そういうね」

・・・


力を持つ者は、その者なりに葛藤があるのだ。



何かのキーワードになのかもな、とシュンユーは思った。
突然ルーリーが思い付いたのも何かの運命かと思った。


ふわっ.....

シュンユーは心から言った。
「たけちゃんは『武士』の良い所と『忍者』の良い所
両方あるわよね」


竹流「え〜そうかなぁ。え〜 そんな下のことばっかり褒めないでよ!」
竹流はひざ同士をくっつけた。

A層用語?を言う竹流。
 


 

BACK「武忍」  NEXT「港の都市で」