現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

飲んで。

小さな世界 > 第4章「global」
 

 

良く「聖女」とかそういう言葉があるが、
大袈裟とかではなく愛花の母親はそういう感じの女性だった。

可愛らしい感じとか
お淑やかな感じとか
優しそうな感じとか
綺麗な感じとか

全然違う。


愛花「(面白いな・・・
良く親父はそういうの捕まえたな)」

父親も知らない訳だが。


汚れが無いという意味でもないし
美しいという意味でもない。


聖母マリア。

つまり「母親」そのもののような女性とでもいうのだろうか。


-------------------------------------------------


バボ〜
バブルのボトルのモニュメントがたくさんあり、可愛らしいイカのモニュメントが飾ってある
(女性中心に)人気のあるでかい公園である。


裕也「あのイカのところで飲もうか」

理々「もっとロマンチックなものにして下さい!」


エンペリシャスの薬。
5つあるのだ。

愛花が飲んでも4つ余る。

裕也「残ったやつはきっと、飲むべき人が必然的に見つけるよ
だからどこかに封印しておくのもいいね」


理々「先生!エンペリシャスになると、ヴェステグアータが使えるんですよ!」

ヴェステグアータとは、D層のナイトライド氏が使っていた、
騎士の『斬』の心を凝縮させ、地下のマグマと溶け合わせ、地上に一気に出して
敵を粉砕させる技である。

余りに破壊が激しいため、使用者は『何故その技を使用したのか?』という詳しいレポートを
国王、教皇に提出しなければいけない。
そしてすっぽかすと前科がついてしまう。


理々が笑顔で言った。
「快晴の日に、エンペリシャスになりに行きましょう♪」
私はまだなれないけど


裕也はガッツポーズをした。(振り)


薬さえあればエンペリシャスになれるわよ
と愛花。


ええっ!!
同時に声を出す理々と裕也。


-------------------------------------------------


サクサク草むらを歩いてから理々は言った。

理々「エンペリシャスになったら勝負しましょ!」
少し挑発的な顔だ。

頭を掻き
「おっほー、頑張るよ」と言う裕也。



本当は、理々も裕也も顔が強張っていた。

最高レベルになると言うことは、理々がラスト・ボスと勝負しなければならない、ということと同意義だからだ。

理々が絶対に倒さなければいけない世界。
誰も助けられず、ひとりでクリアしないといけない。

肉体的なストレスも疲労も、精神的な略も相当だろう。


勘の良い裕也は理々の苦労やら苦痛やらを予想し、自分のことのように苦しくなった。


タタタッ
理々は走り出し、噴水のあるところに行った。
「これ、フロスティ〜」
微妙に凍りかけている水を噴水にしていて、
且つ可愛いマンモスのモニュメントがある。
(もう・・・)


裕也「君は、ここ?もっとペンタゴンとか(※名所)」


結局、裕也も理々につられて「フロスティ〜」で薬を飲んだ。

詰め合わせの苦痛を味わった後に、やっと立ち上がったふたり。


-------------------------------------------------


女の子「キャーッ!あのふたり超カッコイイーッ!」
父親「おー、こりゃこりゃ」

男「なんだよ〜あれ〜」
男2「男も超いいじゃん!」

女性「・・・きれい」
男性「ヒュー、何かの撮影?」


ジョブチェンジで容姿なぞ変わる訳がない。
単純に「自分は強いんだ」という無意識の自信(無意識、がポイント)が
自身を輝かせるのだろう。


プラス、ナイトライド氏の取り計らいもあるのかもしれない。
(次はお化けみたいになるとか、ひげ付けてるとか)


-------------------------------------------------


理々「愛花さーん
愛花さーん」

裕也「あいーかーさーん!あいーかーさーん!」

何処にもいない愛花を探す理々と裕也。


「まさか事件に巻き込まれ・・・」
などと顔を見合わせたが、彼女なら大丈夫か、と思った。



「なに?」

草を踏む音がした。


!!!!!


倒れそうな理々を、裕也が支える。

そこにいたのは、骸骨の番人だった。


死神、ハーデスがそのまま騎士になったような
気持ち悪く、、恐ろしい姿。


愛花だった。


 

BACK「謎宇」  NEXT「武忍」