現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

流れるように

小さな世界 > 第4章「global」
 



D層の、ある国の空港に傍にある公園。

何でも可愛い女の子たちが良くやってくるところ、らしい。


チャッポンッ
謎の『手足の生えた』不思議な瓶を持ってベンチに座っている花宇。

夜になると、「眠る」ためそれらが引っ込むらしい。
「あれだよあれ。生きてるからさ〜」


(間)

ナイトライド氏は説明した。

1、仕事が出来る薬を作ろうかと思った
2、でも俺仕事出来るじゃん。
3、やっぱ女の子と気軽に 略 出来る薬だよね
4、ギリでいける

5、まぁ太古の職業についての薬でも作っとくか


ということだった。


「(こ、これは・・・)」
固まる花宇。


床の上に(テーブルに乗せない)瓶たちを丁寧に置くナイトライド氏。

「これが『星のスター』『金曜の夜』『不滅だみゃー』『くすり』『俺の薬』。
5つあります」

花宇は少しシナプスが何本か異常をきたしそう・・・になった。


うーん
人差し指をあごにあて、直感が選ぶものを探そうとする花宇。

・・・

花宇「え、と。『くすり』で」

ナイトライド「全部いいですよ!」


-------------------------------------------------


職場(食堂)であらかじめ作っておいたランチを食べ、
そこのバスケットに5つの『エンペリシャスになれる薬』
を入れる花宇。


ハッ
気付く彼女。

あ、あの

「効果はずっと長生きしますよ!長持ち」
ナイトライド氏はスッと答える。


花宇「(じゃあ何故ナイトライドさんは元に戻って?いたのだろう・・・)」

アホの子の証を飲んだからです!とか
アホだからです!とか
言っていたが・・・。

「すぐ戻っちゃうんだよね〜」
と言った。

この世界では『滅びた職』のため、一時的にしかなれないのだという。

F層では効果がそのまま適用されるだろう、とナイトライド氏。


・・・
どうしても耐え切れず、花宇が言った。

くるっとナイトライド氏に振り向く。


「あ、あなたは何者ですか?あ、大陸一の学者さんか・・・
えーと
何故こんな素早く大切なものを下さるのでしょうk、、」


んー
「あんま使わないからなぁ
特に意味はないです!」


サッ、もう帰ろうっと とでも言わんばかりにベンチから立ち上がり、伸びをする彼。

まぁさ
背を向けながらナイトライド氏が言う。
「7層の世界の主は俺だよね〜
っていうかさ、本当に7層なの?
俺もっとたくさんあるかんじ!がするなぁ」

シリコメ(シリアスとコメディ)なことを言って。
しばしたたずむ。


ぬ、主さんなんですか!?
花宇が聞く。

「いや、違うけど」
すぐに答えるナイトライド氏。


砂漠でもないのに、一陣の突風が吹いた。

目に砂が入り、ごしごしこすっている間にナイトライド氏は消えていた。


---------------------------------------------------


次に行くのはF層である。

E層は秘密管理人がいなく、
F層には『D層の秘密管理人、愛花』がいる。


名残惜しい・・・と思う花宇。

この世界は楽しい。
景色も綺麗だ。

「(1ヶ月くらい経ったら、この世界から離れよう
名残惜しいけど)」

何処かの国の都市、峡谷の都市と呼ばれるところで彼女は思った。


花宇「(そう願ったら、その時に多分・・・彩海さんが現れるんだよね)」

満天の空を見上げる花宇。
今度こそ「愛花(彼女の世界では『愛羽』)」に会えるのか


何故か髪の毛をサッサッと整えだす花宇。
(夜中)


 

BACK「シリコメ」  NEXT「観光旅行」