現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ひといき。

小さな世界 > 第3章「ミルフィーユ」
 



のんびりしたレタスの声
「鴻日さんと愛衣さんがいらしています。
お通ししますか」


-------------------------------------------------


暘谷の好きな和風の部屋。

そこに『正座』をさせて鴻日と愛衣を迎える暘谷。

愛衣「こんな時間にどうかと思ったのですが」

暘谷は言った。
「やーいいよ」

それにしても
「和風の部屋とは きれいなものですね」
普通に言う鴻日。

愛衣「ええ、暘谷さんは和風がお好きなんですよ」


トマト「ワガシ(和菓子)とギョクロ(玉露)です」
お盆にトマトが和菓子と玉露を持って来た。



鴻日が思った。
「(お好きなんですよ、って。ふたりは仲が良いのだな)」

・・・

・・・
益々確信を深める鴻日。


暘谷&愛衣
「・・・え?(汗)」

正座ではない格好になっている鴻日。
「おふたりは何かが共通している」

固まる暘谷と愛衣。

「何かとは言いがたいが」

少し立ち上がる愛衣。
「ひょっとして 妃羽さん大好きなとことか」

うげっ
玉露を飲んでいた暘谷が吹き出す。


「・・・違います。
同じ世界からやってきたというべきか

キャラーズとしてやってきた世界の、同じ人間、というべきか」


いきなり真っ暗になる外。
まるで墨のような感じになる。


・・・

暘谷&愛衣「・・・?」


レタスが(少しいけないことなのだが)口を挟んだ。
「あのー、私もそれ、感じたことあります」

全員がレタスの方を向く。

レタスは新しいお茶を持って来るために部屋に入ったのだ。

トマト「私もです」
レタスの後ろからトマトがにょきっと顔を出した。

さすがに驚く一同。

彼女は和菓子を持って来ていたのだ。
(お腹にたまらずに優しいもの)


-------------------------------------------------


トマト「初めは話が合うからだと思っていました」


愛衣は開いた口が塞がらない。
愛衣「鴻日さんに誘われてここにお邪魔しに来たけど、何か色んなことに」


鴻日の話はこうだった。
まとめざるを得ない・・・

全員が同じキャラーズではない。
αという世界の「選ばれた者たち」
βという世界の「選ばれた者たち」
γという・・・

=キャラーズになる。

キャラーズはB層〜G層にランダムに当てはめられている。

キャラーズの中では「同郷の者」(αの世界同士みたいな)という人たちが出てくる。


ちょ
愛衣「ちょっと待って!」
彼女は疲れた声を出した。


層、についてはさっきの説明通りとして(信じていないけど)
「αの世界」「βの世界」って何?
余計訳分からないわ


レタス「A層の主人の『映画』とか『小説』とか『絵本』とかの世界なのではないでしょうか」

α=同じ映画同士(例)
β=同じ小説同士

α、β・・・は同じ『グループ』で、
イメージ的には「横世界」なんでしょう。

αのキャラーズが、ランダムに B層〜G層 にあてはめられて、
βのキャラーズも、ランダムに B層〜G層  にあてはめられて、
・・・

B層〜G層は「縦世界」なんでしょう。イメージ的に


それで、B層〜G層 というものが作られているのではないでしょうか。


「(頭脳明晰!)」
その場にいる人間たちが思った。

トマトが言った。

「どういう世界があろうと、私たちは生活するだけです
A層の主のことを私は信じます」


鴻日は驚いた。


-------------------------------------------------


愛衣を後部座席に乗せながら運転する鴻日。

「(なるようにしかならない。暘谷さんも戻るし(戻るだろうし)
世界を、、信じよう)」

何も、世界を考えないように、決心する鴻日。


 


 

BACK「今までのこと」  NEXT「その世界」