現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

気合い

小さな世界 > 第3章「ミルフィーユ」
 



FR(ファーストクラス・ルーム)。

ユウを抱いて、正座している妃羽と、
椅子に座っている暘谷。


机に向かって言う暘谷。

「俐人様のところに戻るのか
まぁいいとして」

音楽ってなんだ・・・?
こいつ(妃羽)が支配?
にわかに・・・
(心の声)

ちょっと煙草吸わせて。
ガタッと立ち上がる暘谷。

妃羽「(ずっと煙草ばっかり吸ってるな)」


「(何も感じないのかな
ずっと一緒にいたのにな)」

俐人『さっきから!彼に惚れたか』


妃羽「(それは・・・ない)」
何ていう誤解を。
困る妃羽。
(ひどい)

ユウがひざの上から降り、スタタッと歩いた。

ユウ「難しいもんだな。おまえさんは俐人サマを想ってて
暘谷さんはおまえさんを大切にしてて
もちろん危害加えないって意味だぜ」

妃羽「う、うん」

にしても
「暘谷さんの机すげぇな」

暘谷の机はものすごいファイルと書類とで山のようになっている。
ぐちゃ〜、という形容詞が良く似合う。

「変・・・暘谷さんいつも完璧に片付けているのに」


悪いと思いつつもすごい状況なので、後で謝ろうと思いながらユウと一緒に少し机を見てみる。


・・・なる。
事情が分かった妃羽。

講師としての様々な書類である。


妃羽は赤くなってきた。
「な、何となく、暘谷さんてやり手ーって感じがする」

書類には触らないが、何となく感じる妃羽。

「お・い」
暘谷が帰ってきた。


あ、暘谷さん。
顔を赤らめたまま妃羽が振り向く。

机に向き直る。
や、暘谷さんて有能、、ですね
や、何かか、感動しちゃって。

くる、と暘谷に向く妃羽。

「分かったから寝ろ」


ごそごそと机の書類を揃え出す暘谷。


あの
「さ、さっきの話・・・まだなんですが(汗)」
さすがに言う妃羽。


暘谷「まぁ『森林』に惹かれた理由は分かったよ
元々だと願いたいが」


-------------------------------------------------


フローリングにミニじゅうたんを敷き、毛布と布団を掛ける妃羽。

隣にはユウと暘谷が高級ベッドで横になっている。

妃羽「(何でユウまで・・・)」
あったかいからいい、のだそうだ(暘谷談)。


・・・
妃羽『疑わないんですね この世界のこと』

ミニ冷蔵庫からビールを取り出し、(何でもやりたい放題)
プルタブを開けて暘谷は言った。


暘谷『何となく分かってたからかな。この世界・・・』

だからと言ってどうこう出来る訳でもないし
明日は来るし

出来ることをやるしかない


現―・・・


妃羽「(相談したかったのに・・・色々)」


暘谷「おまえの『森林』、好きだよ」

むくり、と起き上がる妃羽。

暘谷「で、大丈夫なの?」

妃羽「は、はい。・・・っていえ!あの」

大丈夫じゃねーんじゃねーか・・・
フーッとため息をつく暘谷。

「正直、怖いんです」

妃羽は言った。

妃羽と俐人の精神と物質のバランスが崩れている。
何らかの『力』が影響しているような気がする。
このままだと同じことの繰り返し・・・


知るかそんなこと!
と暘谷は一喝。

一度縁が出来たのなら、最後まで貫け!
中途半端に俺のとこ来てまたそれか!

ガミガミ

妃羽「(気合いで何とか、ってことですね・・・)」


・・・

「とりあえず、何とかしろ。←やってたらやってます
出来なかったら俺に頼ってこい」

パアァァッと明るくなる妃羽。

「怒鳴って鍛錬するだけだ。期待するな!」


「そっそんっ・・・!」

ほんの少し、妃羽のメンタルが強くなったかもしれない、FRの夜。。


 

BACK「二律背反」  NEXT「足りないもの」