現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

龍と虎

小さな世界 > 第3章「ミルフィーユ」
 

 

何処かの小奇麗な客室。

汗をかく麗海。


麗海「(み、妙に美男美女じゃないですか?)」
ひそひそ声だ。

鴻日「(妃羽さんはきっと何かが出ているんだろうか・・・
俐人様はともかく)」


テーブルの向こうには『魏 俐人』
向かいに座っているのは『白 妃羽』である。
(一応、妃羽は暘谷の苗字)


<しばしの睨み合い>


俐人「綺麗になったな
暘谷は優しいか」

はい。
とても・・・
答える妃羽。


ハラハラする麗海。


「・・・ですから
暘谷さんを、その れ、冷遇しないで欲しいっていうか
冷遇、って言葉はあれですけど
言葉分かりませんが」

たどたどしくも、一連のことを頑張って言った妃羽だ。

「冷遇?人聞きの悪い」
俐人は鋭く睨んだ。


ぐっと妃羽は構えた。

「わ、私はいくらでも罰を受けます。その・・・召し使いにして頂いてもいいし
何でも・・・」
ハッ
妃羽は気付いた。

な、、んでもじゃないですが
小さい声で言う彼女。


だから
「や、暘谷さんは関係無いんです。
私は・・・」

俐人「さっきから!彼に惚れたか」


ビクッとする麗海。

立ち上がり、彼女は言った。
「あ、あの俐人様、横から失礼致します。
妃羽さんはとても俐人様を・・・」

何て言っていいか分からず、下を向く麗海。


鴻日の方は落ち着いたままだ。

・・・

カチャッ
3人の召し使いたちがやってきた。
(含愛衣)

「プーアル茶とジャスミン茶で御座います」

ハッと愛衣が妃羽の姿を捉えた。

去る時、ニコ、と笑顔で愛衣はドアを閉めて行った。


妃羽「(愛衣さん 心配掛けちゃったかな)」


俐人「冷遇なんてしてない」
キッパリ言い切る彼。


ウッ.....とくだけた顔になる麗海。


ムカッとする・・・妃羽。
嘘が許せない庶民気質である。

「(丁度すごく嫌われる・・・。チャンス!言っちゃえ!)」

ぱくぱくっ、と口をしていた妃羽だったが、
「あのっ 嘘はいけません。あの、・・・・・・せせせ正々堂々と言えばいいじゃないですか!
あー、喧嘩したとか。
散々色々しておいて、そんなの知らない、って
いじめでしょ!」

よし!これで嫌われた!
と心の中でガッツポーズを決める妃羽。


俐人は訴えた。
「いじめ?いじめているのは君だろう?」

麗海「(何このカオスな会話・・・何?)」
汗をかく麗海。


し・・・ん

・・・
俐人「暘谷をどうするかは私の勝手だ
私は私のやり方でやっている。
言われのない事には答える気はない」

ガタッと立ち上がる妃羽。

「俐人様、暘谷さんは関係ないんです
あの・・・」


ギロォォォ
これ以上ないくらい妃羽を睨む俐人。


「戻って来い。今すぐ」
キッパリと言う彼。
物凄く怒っている顔だ。


空気が黒くなるのを感じる妃羽。

俐人は龍をあしらった黒いチャイナ服、妃羽は虎をあしらった白いチャイナドレスを着ている。

俐人が妃羽を睨んだ。

気が遠くなる妃羽。
墨には白は勝てないということなのか・・・


 

BACK「再会前・・・」  NEXT「二律背反」