現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

行動!

小さな世界 > 第3章「ミルフィーユ」
 

 

何度も断られた、俐人との面会。
(by 音楽

効率良く、庭(庭園)のメンテナンスの仕事を終え、
お風呂も入ってひと息ついている妃羽。

「(暘谷さんのことで、相談がしたい)」


パラララララッ......

先日、正に見せたライチーのデザインのスケッチ図。

「(これも見せたいなぁ)」

暘谷に絶賛された『業火』『挑戦』
(『森林』の次に良いらしい)
それらも聴いて、もらいたい・・・
・・・そんな欲もあった


ユウ「おまえさん、また俐人サマのこと考えてるのか?」

・・・
「うん・・・」


少し戸惑うユウ。

「や、暘谷さんと一緒に行ってみたら?都合が良い時に。
悶々としているよかいいと思うぜ」

ユウの言葉を聞いて複雑になる妃羽。

色々と複雑なことがあって、俐人と暘谷には少し溝が出来てしまっている。
鴻日にもそれを指摘された。


のんびりとした感じでユウが言う。

ユウ「丁度誤解を解くチャンスって考えろよ
ポジティブにさ」

バサッ
ユウは棚からカバンを取り出し、楽譜やらスケッチブックやらを中に入れ始めた。

妃羽「あ、あの」

ユウ「後は暘谷さんだな。
今講習会に行ってるみたいだから、帰ってきたら一緒に行くんだ。
分かったか」

暘谷は今頃は俐人の右腕としてあちこちと忙しく働いている頃だ。
しかし妃羽絡みとのことがあり、俐人との関係が少し複雑になってしまったため、

暘谷は「秘書としての仕事」から「秘書育成講座の講師」のような立場に
一時的に追いやられている・・・という状況だ。


妃羽はそれをとても憂いていたし、何とかしたいと強く願っていた。

シャーッ

ユウ「だーかーらっ
おまえさんは意気地が足りねぇんだよっ
動かなくちゃダメだろ!」

口でカバンをずりずり引きずるユウ。


-------------------------------------------------


暘谷「なんだぁ?」

帰宅早々、入浴をしようと着替え半分になっている暘谷が声を上げた。


妃羽「その。採用されないかもしれないけど、ライチーの絵を見てもらいたいし。
作曲の曲も聴いてもらいたく」

首に小さな手ぬぐい(日本のもの。有り難い言葉が書かれている)を巻きつける暘谷。
文字が見える絵

腕に抱いているユウをぎゅっと抱きしめ、妃羽は言った。

・・・あっ

「そのっ、何とかしたいんです」

暘谷は「待ってて」と行ってサッサと入浴しに行ってしまった。


シャーッ
暘谷「(俐人様はそんな私事でどうこう左右されるような方ではないはず。
・・・やはり当初の予想通り、音楽にまつわることか)」


少し前の日。

>妃羽『何でそこまでっ!』
>わたし今「グリーン家殺人事件」読んでるのに!
>何度読んでも面白い〜

>結論:
>1、特別な何かがあるから曲作れ
>2、多分、俐人様がおかしくなったのって原因それ
>3、だからやれ(作曲)

(by ライチーの行方


ユウとくつろいでいると、白いバスローブを着た暘谷がお風呂から上がってきた。

妃羽「おかえりなさい」


10分後―・・・。
今度は暘谷のひざの上に乗ってのんびりするユウ。

暘谷はユウの頭をなでた。

パッと切り替える暘谷。

「それで?何がしたいの?」

くっと体を硬くする妃羽。

あ、あの
「暘谷さんに迷惑掛けたくないことを、頑張って俐人様に伝えようかと!」

は? と呆気に取られる暘谷。

やなんです!
私が迷惑を、他人に掛けるなんて。

妃羽「私が自分のケツを自分で拭きます!
あとデザイン画も見せないといけないし 曲も・・・」


暘谷は立ち上がって言った。
「汚い言葉づかいするな!不良かおまえは!」

え・・・ 不良・・・


トマト著『暘谷様への礼儀作法レポート』
言葉づかいを、というのを詳しく書いてあったかもしれない
サーッと思い出す妃羽。
(by 台風初日


 

BACK「『月光』」  NEXT「新たな?」