現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

最高級

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



俐人「(世界がいくつかあることは気付いていた
妃羽が主であることも)」

「(それに気付いたのは・・・ごく最近。
妃羽が怖くなった(手放そうとした)頃・・・)」



花宇「(おばあちゃん、約束。守るよ)」
花宇さーん!
召し使いふたりが呼んだ。

「この置き物、替えのものが欲しいンですケド、何処で売ってるか分かります?」
「あの済みません、○○代の集計が余りに多く・・・」

わいわい

「これはこれで」
「わーなるほど」「花宇さん有能ー」


執事はその光景を見ながら、少し昔を思い出していた。

一瞬だけだが。


面接―・・・。

A:品行方正、勤勉
B:リーダーシップ有、社交的
C、D、E.......


花宇です。
とハッキリ言った花宇。

「特技は何でしょう」

「特にありません」

「何もないとは?」

「色々好きだからです」

執事は戸惑った。

「ここに来て、何を一番頑張りたいですか?」
「やりがいを感じるのはどういう時ですか?」

様々な質問の後に。

「有難う御座いました」
飛び切り美しい顔をした。
凛とした・・・


執事「(俺ってメンクイだったのか?
違うと思う・・・)」


しかし思うんだよな
「(あの余裕?は何処から来ているんだろう)」
常に困らずに笑顔で何事にも上手に丁寧に、、何より「臆せず」に対応する彼女を見て
とても疑問に思う執事。
(鋭い)


-------------------------------------------------


ボストンビル、『アニー』
本当はハニー(蜂蜜)だが、あえて皆はこう呼んでいる。

とある部屋。
ふたりの男性が話し合っていた。

暘谷「ですから、それだと」
男性「君は何様だ?私の考えが間違っているとでも」

・・・

ため息をつかないようにして暘谷は言った。
「初めから取り引き先を決めてしまったら、話し合う意味がありません
売り上げ第一です」

男性「売り上げのために考えてやったんじゃないか
何か問題でも?」

ったまわりーなー・・・
(心の声。暘谷の)

申し訳ありませんが、何度も言っていることですよね。
無駄なことをするつもりは、、

ビシッと指をさして男性は言った。

「君の!おすすめのライチー(おすすめのライチー)は何だ!」

「(え?)」

男性は言う。ガミガミガミガミ

暘谷「(しまった・・・別のことばっかりで(プライベートも)そっちについて
全然考えて無かった・・・俺としたことが)」

うーん

・・・

『何だそれは(汗)』

妃羽『あ、これ最高級のライチーなんです
グラデーションになってて、栄養も抜群♪』


男性「聞いてるのかね!」

はっ

・・・「最高級のライチーじゃ、ダメですかね」


女性は、美しくなりたい生き物です。
「化粧品だとか美用品は『高ければ高いほど良い』と決めて
それで結果、高いものが良く売れたりします」
ライチーは楊貴妃の好んだもの。
美しさが見える。

男性「・・・」

それなら「最高級の美しさを。ライチーを入れると女性は飲みたくなるのではないでしょうか」


し、しかしっ!「それだと単価が高くなりすぎてしまう。品質をこだわれば良いってものでは」

暘谷「当初の予定では!『味は超一流を』『費用は高くなってもいい。が質をお願いします』
とありましたが何か!」

ピッシーンッ(空気に亀裂がバリバリ入った音)


くぅ
「(こいつ、じゃなかったら怒鳴り散らしているところだったのに(怒)
妙に迫力あるな・・・)」
何も言えない男性。


<退室後>

パララッ
持っている書類を見る暘谷。

果物成分の配分表、単価別と味の濃厚別。
パッケージの検討案....

「(まだあるな)」

俐人様早く機嫌← 直してくれないかなー



妃羽「また失敗しちゃったー」
ユウ「12枚目だぞ・・・(汗)」


 

BACK「杏仁ランチ」  NEXT「音楽」