現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

杏仁ランチ

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



引き続き。俐人私室。
(宇宙空間)


さすがに目が点になって肩の力が抜ける俐人。

「A・・・層?」


慌てて花宇が説明する。

「あ、えと。その。たくさん『層』があって。
支配する側とされる、、
あー、「創る側」と「創られる側」というのがありまして
あっそれで」

無視して、先程「カチャンッ!」と何かが割れた音がしたと思われるところへ行く俐人。

・・・


ん?
俐人は何か細長い小さな金属を手に取った。
「パン・オンライン、会員ID:xxxxx 名前:ファウー(花宇)」


わーっ
花宇が慌てた。


-------------------------------------------------


「(何であんなところに。・・・警告?「あの方」が・・・)」
ゾクッ

カチャッ

ティーカップを鳴らす俐人。

屋外の休憩所のような場所で話すふたり。

俐人「もういいよ。話面白いし、聞くよ」←だらけてる
・・・そういうことで話が続行された。

花宇「(普通ならもう追い出されてるはずなのにこう、ってことは
やはり、、何かを知ってるからなのよね・・・)」

ズーッ(お茶)
「パン・オンラインて?」
聞く俐人。




えーと
花宇は説明が難しくて頭の中で整理した。


俐人「それって」

パン・オンライン。
太古の昔にあったとされる、幻の三次元仮想空間のオンラインゲームである。
本名でしか登録出来なく、セキュリティ万全だったとされる。


「実在してたとはな・・・」
何故か花宇の話を信じている。


おまえの話を信じている訳じゃない。
参考として聞いている。

一階層上が『パン・オンライン』。
おまえが昔いたところ、か。

警戒するように言う俐人。

・・・?
「(疑ってないようだけど・・・?
信じた振り?
あ、、上の層の人間は支配力があるから、それで・・・イヤな言い方だけど。
俐人様・・・)」

花宇は思った。

花宇「そういえば・・・
あっちではここは『作りものの物語』ということになっています」


ジュ〜  ジュジュ〜
パチパチッ ジュ〜ッ ジャ〜ッ


お昼時。

野菜を炒め、肉を焼き、ふたりはのんびりともぐもぐランチを食べた。
(平和なひととき)


もぐっ
「先程は済みません。あの、、妃羽さんと俐人様はとても素敵なんです。
幸せになって欲しいんです。って、変な言い方ですね。上から目線?」

あまり聞いてない俐人。

雑誌に夢中。
携帯を2つ持っていて、それが鳴るか気を配っている、で集中が出来ていない。


鴻日『あなたは気付いてらした』

・・・

・・・
「(あの日の、鴻日の言葉)」


『知っている。ここはユートピア(桃源郷)。妃羽のな)』
鴻日『それならそれで。ですが、暘谷さんにバグが起こりました。
あなたと同様・・・』


「俐人様?」

花宇が声を掛けた。

ハッ
我に返る俐人。



チュ〜ッ
「この杏仁ジュースおいひー」
花宇が美味しく飲んでいる。


俐人「(混合飲料水に杏仁ジュースも・・・ってそうじゃない)」

ガタッ
立ち上がり、雑誌をテーブルに置いて俐人は歩いた。


「A層ってなんだ」


「一番・・・上か」

ガタッ!
みっともなく花宇が席から立った。

とんでもない!
「その世界の住人てだけで!
創造・・・主はいるんです。A層に。
ただ、何処の誰だか、、正体は丸っきり分かっていないのです・・・」


ピリリリリッ

運良く関係ない人間(恐らく仕事先)から携帯が掛かってきた。


 

BACK「逆らってでも」  NEXT「最高級」