現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

それぞれが

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



パープルオーシャン。
パン・オンラインの名景色として有名な美しい海である。


ザザーン.....

ザーン..


愛花はその海を見ていた。


砂浜に「I miss you」と書いてサッと消した。


『私』の世界では「理々と裕也の世界」は作り話だった。
そして、その理々さんが今度は「パン・オンライン」を生み出した。

「(私の世界の上には、、また誰かがいて、更に上には魔法使いがいて
・・・最後に・・・)」


サーッ

指でピラミッドを描く。

下に行けば行くほど、「作り話度」が上がり、
上に行けばいくほど、「現実度」が上がる。

サーッ
サッ

指で復習するかのように描く愛花。


例えば、BにとってCは「本で見る世界」であり、
BにとってAは「大昔の世界」
のようなものである。

下に行けば「作り話」「創作話」
つまり「小さな世界」になってゆき

上に行くと「壮大な話」「伝説上の話」
つまり「大きな世界」になってゆく。


裕也がやけに愛花を恐れていたのは、
古代文明の「愛花」という剣士(愛称だが)を知っていたからで、
何処にもいない、『パライバ・ブルーの瞳』(もう絶滅した瞳色)を持っていた&
オーラなどからであった。


「(あの男、、あの世界の主人公のひとりか)」


ザザン.....

ふわっと髪が舞う。

キラッと愛花の瞳が光る。

「(帰りたい。強くなりたい)」


メイド『愛羽(アイユー)様、愛羽様、何処にいらっしゃいますのー
愛羽様ーっ』

樹に隠れ、見つからないように更に樹の上に登って潜んでいた、あの日。

メイド『愛羽様ー!愛羽様ー!』

『返事だけでも!お願いです・・・』

ポトッ.....

愛羽(愛花)『(私だって返事したいよ・・・)』


強くなりたくて、広大な森で修行していた日。
(すごく無茶)



愛羽。Dの層の人間である。
A〜Gの丁度、中間だ。


愛羽はある世界の貴族の娘として生まれた。

生まれつき体が弱く、義理の両親は常に城(家)にいない状態だった。
しかし本が好きで、A層〜G層の秘密などを知り、世界を冒険しようと思い立ったのだ。


それ以外にも体が弱い(頭も弱い)コンプレックスがあったので頑張ってみよう、という意図もあったのだが。

新聞、を知らない。プリンの開け方も知らない。
そういうことだった。

(本当の貴族は、ひとりで服を着ることが出来ない)



バッと立つ愛羽。

「黒騎士」なんて要らない。
もっと強くなりたい。

彼女は「黒騎士」と呼ばれる程強くなったのだが、
もっと恐ろしいくらいの強さに憧れた。

海の向こうを鋭く見る愛羽。

「(計らずも2段階下に落ちたが・・・
すぐに帰る)」



メイド2『パンて何だろ。へ〜ぇ こんなゲームとかあるんだ』

愛羽『強くなれそう』

メイド2『でもこれゲームの世界でしょ。怪我とかしたらどうするんだろ。・・・三次元てのがあやしいよね
やめなよ。鍛えるとかそういうんじゃないし』


愛羽は2段下の「F層」、パン・オンラインに興味を持った。


-------------------------------------------------


D層は丁度中間に位置する。
そのため、上の秘密も下の秘密も知りやすいのかもしれない。

(たくさん勉強しなければいけないが...)

巨大な、自分の城の図書館の天井を見ながら愛羽は思った。

「(癪だ。誰が操っているんだこの世界たちを...)」


ただ、愛羽が何となく分かったことがあった。

・・・
目をつぶる彼女。
「(G層が本当の支配者のような気がする)」


-------------------------------------------------


ビクッ

ユウ「どうした?」

妃羽「あれ、今・・・」

ザザン....

波の音が聞こえたような気がした。


 

BACK「実力!」  NEXT「逆らってでも」