現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

精鋭

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



白いバスローブ姿でシャワーから上がってくる鴻日。


ポーンポンポンッ
ユウはカウンターの椅子から降りた。

「おっ、カクテル作ったぜー」


鴻日がカウンターを見ると、いくつかカクテルが並んでいた。

スタスタと歩き、ひとつひとつをくんくん嗅ぐ鴻日。

「ふーん」

ユウ「べ、別に毒なんか入って、、
猫がカクテル作るのおかしーか!」

カチンッ
グラスを置く鴻日。

鴻日「おかしくない
頂こう」


そうしてグレイの寝巻きに着替えていった。


ユウはそのつかみどころのない鴻日の姿に少し戸惑った。

再度カウンターに並んでいるカクテルを見た。


鴻日「猫くん、お待たせ」

おっ
向き直る。

ついっ
「マンハッタン、お勧めだぜ」
グラスを押し出すユウ。


ユウは、とある竜のぬいぐるみに
この世界のことを教えてもらった、と語った。

「頭がおかしくなった、とは思ってねぇ」

鴻日は、
「似たようなものだな」
と言った。
ぬいぐるみでは、ないらしい。

・・・
もっと大きな存在っぽいな
と思うユウ。


鴻日「この世界が、『事実』になるらしいよ」


ユウ「・・・
その『なにか』から聞いたん、だな」


鴻日「そうだね」



♪♪ ♪
♪♪♪

しばらくJAZZ音楽を聴きながら沈黙していたふたり(ひとりと一匹)だったが・・・。


-------------------------------------------------


少し、マンハッタンに口をつけて鴻日が言った。
「数ある存在の中で選ばれたのは光栄だ」

「―・・・だが、選ばれたからには最高の俺を出したい」


生意気なこと言えねーけど
「選ばれた時点で、最高も何もないと思うぜ」
椅子の上でちょこんっと座って言うユウ。


黙っている鴻日。

トンッ
トーンッ
スタスタ

近くのソファーに座るユウ。

・・・

「(偶然かもしれないけど、俐人サマといい、暘谷さんといい、
鴻日さんといい。
負けず嫌いなヤツばっかだなー)」

・・・

「(作り話の世界だろうと何だろうと、何となく気に入った妃羽が
ここで幸せになって欲しくて俐人サマとくっつけようとしたけど)」

そうそう上手く行くもんじゃねーんだなと思うユウ。


ん?

ピシッ

かつての記憶を思い出す。

ボス猫『おまえボスになりゃいいじゃねーか!何で1番上を目指さねーんだよ!
迷惑なんだよ(怒)』

ユウ『俺の勝手だろ!1番とか面倒臭えぇんだよ』

ボス猫『負けず嫌いのくせに。あーたらこーたら』


首をピンッと伸ばすユウ。


チャ〜ッとあらかじめ鴻日が用意してくれた猫トイレに用を足し、
しつけのいい猫のように前脚でサッサッと砂を掛ける。


ユウ「おい、鴻日さん」
ユウは声を掛けた。

「ん」
振り向かずに鴻日は言う。

ユウ「磁力、だけじゃないかもしれないぜ。
1番になりたいヤツ同士のサバイバルゲーム?かもな」

・・・

サッと静かにユウの方に向く鴻日。
「・・・それは」

ユウは姿勢を崩さない。

1番の俐人サマ、どう考えてもNo.2ではない暘谷さん、どう考えても社長(会長)っぽいおまえさん、
ボスにならない、、っていうと変だが、ボス拒否の俺。
トップ秘書の麗海さんが実質No.3の秘書。


・・・
「世界を現実にするための、力の強い、エネルギーのある人間たちが選ばれた―・・・
まぁそんなとこだろうな」


-------------------------------------------------


現実は冷たい。想像ではない。
でも、想像だと言い切りたくなる。

それは、どこの世界も同じ。
現実はすでにあるのだ。
どこの世界にも

どの世界にも?

・・・

すぐに、次の世界の空が広がることになる。
息つく暇もなく。


 

BACK「近未来BAR」  NEXT「Level.36」