現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

迷宮

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



品行方正で生真面目な魏家第1秘書、白 暘谷(ばい やんぐー)。

彼は自分にも他人にも厳しい。
(死ぬほど)

汚い行い、浮ついた行動、言葉などを嫌う。


暘谷「(くっそ
どこで覚えたんだあんな言葉←過保護)」

指をポキポキ鳴らす。

「(思い出しても腹立つ←やはり過保護)」
ピキッと青筋を立てる彼。


暘谷「(ああいう言葉づかいをしないような人間にしないと
俺が変に思われるよな)」

ブロロロロッ

寝癖を直さないまま、だるく運転する彼。



声『約束よ。念はかならず『真実』になる
強く信じて。
あなたの、信念を貫いてね、生涯』


昼なのに月が見える。

その月を見ながら昨夜の夢を思い出す妃羽。


声『約束よ。念はかならず『真実』になる
強く信じて。
あなたの、信念を貫いてね、生涯』


目をつぶる妃羽。

「(杖・・・ 杖・・・?
本棚が一杯)」

・・・


魏家。
俐人私室。

少女『くっ・・・・あぐっ。はーっ。何でよ!』
ぺた.....と床に四つんばいになる少女。

くるっと俐人のほうに顔を向ける。
『私、・・・私、、事実なんて・・・潰してやるから、、』


麗海「俐人様」

「俐人様」

ハッ

・・・
麗海「汗だらけですよ。どうかなさったんですか?」

パラッと書類をめくる麗海。
「こちらの案件ですが、○○ですと◇◇と言うことになりまして
私どもの見解ではxxx.....」

少女『まだ、愛してるの。あなたを。
だから「そんなこと」こだわっちゃうのね』

鳥『まぁ難しいもんだね』



背を向ける少女。
『真実はたったひとつになる
あなたの、

望みどおりに』

くるっと振り向く。

妃羽に。

場面が切り替わって、妃羽の夢の中だ。


ハッ

夜中、目覚める妃羽。

体を起こして振り向くと、窓が開けられていて月が出ている。


しばらくそのままでいたが。



パサッ
そのまま引き続き寝ようと試みた。


10分後―・・・
すぅ・・・


再度寝直す妃羽。

「♪♪〜♪ ♪♪ ♪
♪♪ ♪ ♪ ♪」

ハッ

「(い、今 森林、の歌を歌ってた。
何いまの 何ー?

あ、♪、♪?えーと ♪

♪あれ、、
い、今のは? 過去に歌ってたことあったの?)」

ガバッと起き上がる彼女。

いや、ない。

歌詞は聴いたことない。
あれは知らない言語。

「(わ、私って?)」





えっ
理々が窓際を振り返った。

裕也「どうした」

月夜。
ふたりは宿屋で休んでいた。

・・・
しばらく外を見ていた理々だったが、

ん、何でもない。

と回れ右をした。


裕也「ふあぁ〜あ。ほろほろ、おでは寝るお〜」

裕也が奥に行き、仕切りのカーテンをシャーッと閉めた。


・・・

ふいっ、とまた外を見る理々。

「(妃羽・・・あるのかな。あなたの、世界・・・)」

外では、夜露がピトンッ と垂れた。


 

BACK「願い」  NEXT「事実、とは」