現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

願い

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



トマトとレタスが座って妃羽の前でおろおろしていた。

うっうっ
妃羽「うう〜 すごいイヤ・・・」

レタス「まだ、確定だと決まった訳では」
パッとトマトが立ち上がる。
トマト「そうですよ。泣くこと」

うっうっ

トマト&レタス「(どうしよう・・・)」


とある雑誌を見ていた妃羽。
とんでもないものを見つけたのだ。

たいていの人間は配偶者だとか本当に愛する人間と出会う前に、、
××××.....

『ピカッ!』
↑特大の雷が妃羽の脳天に落ちた音。


わあぁぁぁんっ!(現在)

トマトとレタスが緊急で呼ばれた。

泣き疲れて少し寝だす妃羽。

トマトが聞いた「ど、どうしてそうお思いになったんですか」

うぐえ。。
ゾンビ状態の妃羽が口をパクパクする。

ホワイト・クリームの部屋が一気にじめ〜〜っとした灰色空気になる。
なってゆく。。

レタスが聞いた。
「きっと勘違いですよ〜
どうしてそう思ったんですか?」

うんうん、とトマトが頷く。
(結構必死な空気・・・)


だって
「(あの感じは、、違う、、やっぱり)」

少し前のことを思い出す妃羽。
暘谷のところに来る前のことだ。

トマト&レタス「(ふ、不可侵領域?)」


-------------------------------------------------


声『へっへ〜
そんなもんだよね。うん
そのこと、変えて欲しい?』

『変えて欲しいです!絶対
俐人様が、だって。そんなの!』

声『リア、ノイア、ティシレア!・・・んー
強固ね!』

『そ、そんなに強い『決まり』なんですか?
変えられない、んですか?』

声『ん〜、そうねぇ。』
くるくるっと杖を振る

『う、、怖い。岩!この事実の壁・・・』

少女『ピアラルア!
ルイモドス!』

ピーンッ!

いてっ
妃羽の額に光のようなものが当たった。

声『約束よ。念はかならず『真実』になる
強く信じて。
あなたの、信念を貫いてね、生涯』



・・・

シャッコシャッコ
朝、歯を磨く妃羽。

「頭洗え。フケだらけだぞ」暘谷が後ろから言った。

ペーッ

歯磨きを済ませ、ハンドタオルで手を拭く。

妃羽「フケだらけなのは考えすぎのせいです..」

ハッ

くるっと振り向いた妃羽が言った。

暘谷さん!


驚く暘谷。


ややややや暘谷さんはっ
「童貞ですか?」


・・・

-------------------------------------------------


妃羽「殴ったー。2発殴ったー!」
頭を押さえて、テーブルの椅子に座る妃羽。

朝食はゆで卵(しかも適当なもの。カラが破れてる)ひとつだ。


くるっ
顔が黒く、目だけが光っている暘谷が振り向いた。(厨房から

「何か?」

ビクッ
妃羽「いいいいいえっ」


仕方なく、後で他のものを自分で作ろうと、、
ゆで卵を食べる妃羽。

バンッ!
黒と紺色のバッグ(すごくでかい)をテーブルに思いっきしぶつける暘谷・・・

青くなる妃羽。

「・・・行ってくるね 留守番しててね」

妃羽「は、はいぃぃい(泣)」



レタス「・・・俐人様とご主人は違いますよ〜 性質が」
テーブルを拭きながらトマトも言った。

ご主人は女嫌いですからね。
初恋もまだなんじゃないでしょうか

レタスが振り返る「え〜まだでしょう というか、女を好きになるってイベント一度も無さそう」

妃羽「えっ・・・(汗)」

トマトはさらっと言った。
「でしょうね。ご主人なら有り得る」

妃羽「あのー、どうしてそこまで?」

トマトとレタスが語り合う。

「1億人にひとりの割合、ってやつなんでしょうね
レアケース」

レタス「そうかも」


妃羽「(俐人様のことだったけど、どうでもいい←ひどい  知識を得た・・・)」

チュンッ チュンッ

チュンッ

今頃になって鳴く朝の鳥。


 

BACK「休憩室」  NEXT「迷宮」