現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

休憩室

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 

 

はっ

明かりが漏れる一室。

花宇はその部屋をそーっと見た。

ウゲーッ
ウッ

パッと離れ、両手で耳を塞ぐ花宇。

ウ"ーッ

ウゲエェェッ


花宇「(り、俐人様・・・)」
青くなる花宇。



翌日―・・・

召し使いA「ね〜ぇ今日湿気すごいね〜」

召し使いB「ちょっとこれ、置き忘れてるわよ!」

「あ、はーい」

リネン室のシーツを持ちながら、テクテク歩く花宇。

愛衣「はぁーい どしたのー」

後ろから愛衣が声を掛けた。


あ、「愛衣さん」

や、「亡霊?か分かんないけど何か背負ってるみたいに感じたから」と愛衣。

「じゃあ、休憩時にー 時間合わせとくね」
サッと持ち場に戻る愛衣。

シーツ交換、枕交換、
部屋の掃除機掛け、
飾り物、棚拭き、、

ろうそく換え、

ザッカザッカ......

庭の掃除。
(それぞれ区域があって、数人で持ち場の領域を掃除する)


ぼ〜っ

ドカッ!!

ぼーっとしていて裏口の階段の柱(石柱)にぶつかる花宇。


「うっ、、うう、、」
涙と鼻水が出る花宇。


・・・

「(もうすぐ休憩だ)」

立ち直り、額の赤い腫れを携えたままテクテクと階段を上る彼女。


愛衣「あ、はーい」
休憩室。

落ち着いた小奇麗?な部屋で、まさに「休憩室」に相応しい部屋である。

愛衣「どうしたの?腫れ・・・」

額の真っ赤な腫れ。
「あ、これは・・・」
説明する花宇。

緑茶を飲むふたり。

♪〜♪
優しい鈴音のような音楽。

部屋に焚かれている落ち着いた香り。



カチャッ(湯のみを小皿に置く)

「―・・・」

愛衣「・・・なるほど(ズズーッ)」

そ、そういう、事情があったなんて。

でも、、
「今はもう暘谷さんのもの、なんでしょ もの、って言い方はアレだけど・・・
俐人様だって、」

「あ、、」
花宇がさえぎった。

「り、俐人様は、すごく、、苦しいんだと思います。
どうしようもないくらい・・・
だからって、どうしようも」

・・・

ズズーッ
「鍛錬が足りなーい」
愛衣がバッサリ切り捨てる。

花宇「あ、愛衣さん(汗)」

ピトトン♪
鈴音が少し鋭くなった。


愛衣は言った。

そういう事情で暘谷さんとくっついたとは知らなかった。
(でも確定ではなく、花宇の推定だと思う)
もうそう決めたのなら貫くべき。

・・・

優しい花宇は「(そんな理屈で割り切れるものでは・・・)」と俐人の身を案じていた。


花宇「(妃羽さんはどうなんだろ?)」


でもっ!
イラ立だしげに愛衣が言う。
「妃羽さんが色々って。私が独り占め出来なくなるじゃないの!」

ぽかーん・・
呆然とする花宇。

暘谷さんも、俐人様も、あーうっとうしい!

花宇「(妃羽さん、モテモテ・・・)」
汗をかく彼女。


「(何かの磁力、でもあるのかな?)」
普通は楽観的な彼女だが、少し不安になる花宇。


 

BACK「謎の樹」  NEXT「願い」