現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

謎の樹

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



パン・オンライン内、某図書館の資料室。

女性「そうね〜
2年くらい前かしら。何かやたら目立つ人でね〜。
すぐいなくなっちゃんたんだけど」

理々「・・・」

少し薄暗い資料室。

理々が読んでいた物語の登場人物、『花宇(ふぁうー)』の名が出て驚く理々。

理々「(あの物語を知っている人が、自分のキャラ名を「花宇」にするとかは出来ないはず。
この世界は、、本名で登録されるから)」

1、あの物語を見て、本名を変更して「花宇」と名乗る人が出た(有力)
2、ただの偶然

・・・う"ーん
「(どう考えても、中国ならいざしらず、日本で「花宇」、「ふぁうー」って読む名前に変える、、
なんて有り得ないわね)」

(役所が許さない)



結局、「この世界に花宇がいた」以上の目立った情報が見当たらず、
とうとう諦める彼女。

女性「(親戚?か何かなのかしら。あんな落ち込んじゃって・・・)」
女性は帰ってゆく理々を見送った。


トボトボ...

ピラッ
女性にもらった『目立つ人対策マニュアル』を手にしてテクテク歩く理々。


・・・
2年前に人?がいた。

パン・オンラインはすでに存在していた。

「(どういう、、ことなんだろう)」


ピリリリリッ!
フォン、と呼ばれる1:1対話を開始する理々。

しばしのコール音。

『え?』

理々は答えた。
「あ、愛花さん!」


ザバーッ
ザバザバザバッ

20分後。

宿屋の部屋で話しているふたり。
ミルクを飲み、体を温めている理々と、
体を壁に預けて腕を組んでいる愛花。


・・・
理々「こんなに、雨が降るとは思わなかった」

ゴロゴロゴロゴロッ

雷も鳴っている。

ヒッと小さく驚く理々と、何も驚かない愛花。

理々は言った。
「さっき言ってた、ピラミッド理論。それって本当なんですか?」


ピラミッドの形のように、上の層に行けば行くほど、人数が少なくなっていく。
そして支配力も強くなってゆくのである。

一番上が「A層」
一番下が「G層」

愛花「恐らく、A層〜D層の誰かが、あなたの精神力を燃料にして
この世界を作ったのだな」

先日、裕也が『プログラマーって誰?』と言っていたのはこのことに繋がる。

・・・
意味が分からなくて言葉が出ない理々。

愛花「作りたかっただけだ。
上の意思は、何かの目的のためではない。
単純に『作りたいだけ』」

あえてツッコむ理々。
「そ、そんなことして何の意味が?(汗)」

愛花「・・・さぁ・・・」

いつの間にかやんでいる雨。

パッと愛花は組んだ腕をほどいた。

「それじゃ、また」


-------------------------------------------------


愛花さんて、普通誰もが知っているものをあまり知らないし、
どういう人なんだろう?


先程の光景。

『え、新聞。知らないんですか?「新しい」に「耳」で...』

愛花は首を傾げた。
『しんみみ?「しんぶん」?新しい耳とは』

愛花『プリン・・・』ペシッ
・・・
理々『あ、ナイフで開けたらダメです。
あ、あの、プリン、、開けたことないんですか?』

愛花『何だと。悪いか』


略語なども全然疎い。俗語なども全然知らない。

ラスボスをラスト・ボスと正しく言うし、
カンストを、カウンターストップときちんと言う。

逆に略語で話すと「?」という顔をする。

理々「(あの人を知る方が面白い気がする・・・)」

現実逃避を始める理々。


 

BACK「糸」  NEXT「休憩室」