現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 



パン・オンライン。
三次元空間のオンラインゲーム。

パン、はギリシャ語で「全て」という意味で、
何故その単語が付けられたのかは不明である。


小さなグミに穴を開け、そこに『プレイ許可証』の丸い金属?を入れる。

その瞬間、まるでジェットコースターのような吸引力でパン・オンラインに降り立つのだ。
その時のショックで心臓麻痺にならないように、一応事前に健康診断を受ける。

(指定コンビニで受けられる)


-------------------------------------------------


大きな草原。
大空。

理々「あー?」
理々は空を指さした。

裕也「I love you、って書いてあるな」


約束の日。

裕也も草原に腰を下ろす。

『モンスター徘徊地域』に×が書かれているエリア。


せっかちな理々が、裕也を引きずりおろす感じで降り立った、『パン・オンライン』。


理々「ふぅ・・・
どーして、藤波先生が剣士適正値MAXなんだろ」

ピーッ
ピピピッ

先程の光景。

職業適性試験で、
理々は全部平均より上で、バランスが取れていた。

裕也は他は全部平均か平均以下で、『剣士』だけ適正MAXであった。


裕也「へへっ、フェンリルナイト(最上位の騎士)になってみようかな」

むっ
理々はむすっとした。
理々「私だって頑張るわ。先生にも負けない!」
下を向いて言う。


剣士転職施設―。

受付の男性「そちらの男性(裕也)はもうMAXですので冒険のしようがない、ということに」

理々「え、何。で、でも折角ここ(パン・オンライン)に来たのに」

男性「そうですね。ではレベルはあれですが、適当に楽しむ感じで。はい」

裕也「聖職者とか格闘家とかは?」
男性「えー、MAXがありますと、他はちょっと・・・はい」


1時間後。

フェンリルナイトの装備をしている裕也と、
ファイターの装備をしている理々。

フェンリルナイト=騎士の最上位
ファイター=騎士の最下位

ふぅ、とため息とつく理々。

そうだっ
「先生、勝負しましょう」

同じ剣、同じレベル、同じ装備。
それらを揃える理々。

裕也は呆気に取られていたが、
この情熱があるから、勉強が出来るんだろうな。と思った。


-------------------------------------------------


実際の力、性別に拠る力の差はない。
あるのはゲーム上の「Strength(力)」の値のみだ。


ふたりは剣を構えた。

「開始!」
理々が言った。

勝負はすぐについた。

剣が吹っ飛び、裕也が遠くに投げ飛ばされた。


理々「え?」


裕也は確かに本気ではなかったが(当たり前だが)
こうもあっさり負けるとは思わなかったのでショックを受けた。


裕也「開始!」

カキンッ!
キンッ!

キンッ!

キンッキンッ!

理々「はあっはあっ」
裕也「くうっ・・・」

ムキになっているのは明らかに裕也の方である

しばらくして。

カキーンッ!

裕也の剣が遠くに舞った。


ドサッと呆けたように座り込む裕也。

はあっはあっ

・・・?え?
素直に喜べず、意味不明な気持ちになる理々。

手を見つめる。
理々「バグ・・・(プログラム上のミス。誤り)?」


あはははっ

突如後ろから女性の笑い声が聞こえた。

振り向くふたり。


そこには、ミニスカートの黒いセミロングの女性が居た。

女性「ここでは、『ある法則』が通用している
バグではない・・・プログラミングされていることだから」


裕也も理々も目が回った。
「(だ、誰・・・?)」

しかし

「(何となく懐かしい気がする・・・)」

と思う裕也と理々。

何とも言えない空気が、辺りを包んだ。


 

BACK「そして」  NEXT「始まり」