現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

そして

小さな世界 > 第2章「パン・オンライン」
 

 

池谷予備校。

理々「だからぁ、休日だとか」

裕也「いや、だからね(汗)」


男子生徒D「おい、また藤波先生と一緒いるぜ」
男子生徒E「くそムカつくんだけど」

昼食時。
ふたり(理々と裕也)は食堂へ行かず、講習室に居た。


裕也「君ね、受験終わってから・・・」
両手の平を向けて、やんわり断りのポーズをする。

パン・オンラインの誘いである。


裕也『え?だって、他にいるでしょ。○○さんとか○○君とか・・・』
理々『せんせーじゃないと駄目なの!』

少し前の会話。


帰り。
だいぶ暗くなっている。

理々「あーじゃあ、○○ラーメン食べに行きましょうよ!」
帰宅時だ。
(裕也は早めに帰る予定だったのだが、待たされた)

理々「へっへー♪藤波せんせなら誘いに乗ってくれると思ったンだ」

・・・
裕也は複雑な顔をした。

理々『私のお母さん、すごく可愛いものが好きなんですが・・・
そこのゲームで可愛いものが、、ぬいぐるみとかなんですが』

裕也は急いでティッシュを探した。

理々は袖で涙を拭いて、言った。
『げ、現実とは、、比べ物にならない程すごいもので。
お母さんの、、喜ぶもの、、あげたいのです。
いつも、、優しい人で、、』

裕也はティッシュを差し出す手を止めた。

ほ、本当は、これをあげるためだったの。・・・なんて
よよよ喜ばせてっ あげたくて!


現。

裕也「(この・・・千両役者・・・)」

目の前では楽しそうに理々が軽やかに歩いている。


ズズーッとラーメンを食べながらふたりは語り合った。

裕也「うん、それ知ってる」

びっくりして理々が言う。
「あ、あの。あの物語?」

ズズーッ 最終のスープを飲む裕也。

「妃羽とかそういう人物が出てくるやつだろ?」

理々「はい・・・」

しばしのおしゃべり。

「俺さ、何となく分かった(オチ)」
と裕也。

・・・


「な何ですか?・・・で、でもネタバレか」
サッと向き直る理々。



じゃ、私こっちなので。

俺はこっちだから。

(駅が違うのに何故一緒に帰るのか)


裕也「(とうとう無理矢理誘われてしまったが
まぁどうにかなるだろ
強引な子だよなー・・・)」

テクテクと暗い道を歩く裕也。



「まー、判定ほとんどAなのね
さすが理々ちゃん」

「ママ・・・(汗)」←お母さん、ママ両方呼んでいる


母親「藤波先生?あの優しそうな」
理々「うん」

ピンポーンッ

「あら、誰かしら」

呼び鈴が鳴った。


女性「こんな時間に御免なさい
○月に演奏会があって。
午前中お留守だったから」

母親と女性は話し合った。


母親は音楽をやっていて、あるオーケストラに所属している。
母親:フルート、女性:トロンボーンである。


女性「音楽はやはり良いですね」


ピシッ!
さりげなく聞こえたその言葉に固まる理々。
(それだけが何故か聞こえた)


-------------------------------------------------


その日の天気は快晴だった。

「わっほー、先生っ!」
大きく手を振る理々。

「やあ」
小さく手をふる裕也。


 

BACK「パン・オンライン」  NEXT「剣」