現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

カードの

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 




女性「うっひゃー♪」
妃羽に抱き付く女性。

ここは総合スポーツ・クラブである。
小さなショッピングエリアもあり、
そこでのショッピング目当てでここに良く来るのだ。

女性「フェイちゃーん♪
良かったね好きな人と一緒になれて♪」

ビクッとなる妃羽。

場所を移し、その施設の入り口に近い、休憩テーブルのようなところに座る。

女性は
・妃羽
・友映(よういん)
・礼法(りーふぁ)

である。

3人は幼稚園〜大学までずっと一緒の友人同士であった。


でぇ?
友映「その申し出とやらには受けるワケ?」
凛とした感じの女性が言った。

「いや。断る気よ。冗談っていうか腑に落ちないわ」

友映「まーた言ってる。腑に落ちない、いうの」

礼法は飛び切りの笑顔で言った。
「腑に落ちるよー♪」
友映「ハイハイ(汗)」

館内中に様々な音がこだまする。
子供たちの声、先生の指導する声、ピーッという笛の音。

友映「確かめたンでしょ?
こういう、何か催し物で見初めて婚儀だの・・・
は初めてだって」

明るい館内。
爽やかな空気。
悩みなんて軽い出来事なのではないかと思わせる。

妃羽は言う。
「初めてだって」

本人から聞いた、と妃羽。


「結婚した後で変なこと・・・闇関係とか
そういうのに使われたら厭だわ。
・・・庶民だから逆らわなそうだから、、って選ばれて」
妃羽は最もあり、な意見を述べる。

怪しい人の接待、怪しいものの取引き。
上げたら切りがない。

妃羽「庶民だから何でも出来る・・・とか」

考えられないことではない。
人をどうしようと、人を壊そうと、
お金の力さえあればいくらでも揉み消せるのだ。

友映は頭をポリポリかいた。
「・・・あんたさ、暗いよ?」

引き続き子供たちの声がこだまする館内。
少し空は曇りだしてきている。

妃羽は立ち上がって言う。
「そんな、妥当な考えだとっ!」

友映はストローで飲み物を飲みながら、くるりと右を向いた。

「女の直感よ。信じてみたら?」
信じてみたら?の時は明るく前を向いた。

典型的な格好良い系の友映に
「女の直感?」と言う礼法に、
「うるさいわねっ」と言う友映。

ふたりのやりとりを尻目に、
妃羽は最も「有り得そう」なものを想像した。

本当は俐人には本命がいて、
その女性は人妻とかそういう立場で、俐人とは一緒になれず。
仕方がないから、隠れみののために、何でも言うことを聞きそうな庶民(妃羽)を妻にした。

そして妃羽は、ふたりが会うための道具(と言ったら大袈裟だけど)にされる。

「(・・・有り得ないことじゃないわ。本当に)」



<アクセサリー・ショップ>


チャリッ
アクセサリー・ショップで可愛いアクセサリーを手に取る妃羽。


香水屋でもないのに、甘い香りもする。



友映「妃羽!いいのあったー?」

後ろから声を掛ける友映。

礼法「あっはっは。こんなに救出してきちゃったヨー♪」
礼法が両手にたくさんのぬいぐるみを抱えている。

友映「礼法!(汗)こ、子供じゃないんだから!」
後ろを振り返って友映がそちらに行く。


あっ
いつの間にかアクセサリー・ショップの店長が妃羽の傍にいた。
礼法たちを見ている間だ。

この店長は癒しのオーラがすごく、ちょっとした有名人である。

妃羽「店長さん、こんにちは」
店長「やぁフェイちゃん、何か綺麗になったんじゃないの?」
ニコニコ、いつもの笑顔で話し掛ける店長。

・・・

会計時。

礼法「やっぱシナモンちゃんだよネー♪」
友映「はいはい、分かったから(汗)」

店長「今度ねー裏シナモン?ってのが出るみたいよ
新作だねー」

わいわい


「フェイちゃんはこれ?」
店長は言う。

何処にあったんだか。
刀を思わせるようなアクセサリー。


一瞬会計を離れ、「シールとか取ってくる」と
奥の方に行ってしまった店長。

戻ってきてサッと手際良くラッピングして会計をした。

「店長さーん、またくるねー♪」
「いいからホラ(汗)」

礼法と友映より先に歩く妃羽。


「(綺麗になった、かぁ
苦労続きだったけど)」


-------------------------------------------------


カサッ


出てきたのは店長からのメッセージ。

『決して怒ってはいけません。世界はあなたの味方です』

何故か、意味を理解出来そうになる妃羽。
考えるのをやめ、
「(刀みたいなのを買ったから、、それでふざけて・・・)」
とこじつけた。


昼間の友映の言葉。
『アンタが何考えてるのか知らないケドさ、自分らしくやってったらいいんじゃないの?
だまされたらそこはそこっしょ?』
妃羽『でもだまされたら立ち直れないよ』
友映『でも好きなんでしょ?どっちにしろ(汗)
だったらだまされるのもいいんでない?』


礼法。

『だまされてたら「違う!」って思い込めばきっと真実になるよ♪
フェイちゃんファイト』
『いや、、でもそう・・・?』
『私そこまで人をだますなんて思わないよ。素直に行っちゃえばいいじゃん』


いい友人を持ったな、、と涙を拭く妃羽。


『決して怒ってはいけません。世界はあなたの味方です』

ゾクッとする妃羽。


 

BACK「偽物のような」  NEXT「つがい・・・」