現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

偽物のような

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



バリッ

ビクッとする妃羽。

バリバリビリッ

バリバリッ


サングラスを掛けた男の手が見事に紙を破いていく。

しーん、と沈黙が続く。

妃羽が怖がりながらも凛として言う。
震え声で。

「説明して下さい!
何故私なのか。
からかっているのですか?」

くるりと、白衣の男は回れ右をして妃羽に背を向けた。

そしてやや屋外になっている場所・・・
ベランダになる場所に出て言った。

空を見上げながら言う彼。

「・・・シンデレラになった気持ちに―
なればいいんじゃないかな。
あの人が君を望んだ。
見初めた」

ひゅうっ
一陣の強い風が吹いた。

ちなみに、ここは建築真っ最中の、建物の中なのである。
このふたり以外は、今は誰もいない。

カサッ...

床に散らばった、書類たち。

『我感致光栄, 但我拒絶』
(光栄ですが、辞退します)

無残に破かれている。


妃羽はかがみ、「但我拒絶」が書かれている紙きれを掴んで立ち上がった。
「・・・良く分からないけど、私分かりません」

その言葉に、白衣の男が振り向いた。

妃羽は震えている。
「何故・・・こんなことが。
そんな・・・簡単に婚儀だの何だの。
何のお付き合いもないのに」

うるさそうに、途中で白衣の男がサッと背を向けた。

男「・・・普通は、『それなり』の身分の女性が―
選ばれるのだろう。
・・・でも例外があるってことさ。

君は身分を偽ってあの方と一緒になる、、ことになる」

間髪入れずに妃羽が叫びに近い声を上げる。
「ひどい!身分を偽るって!人を何だと。
わ、私は私です」

下を向き、妃羽は考えた。

そしてそのさまをずっと白衣の男は見つめた。

妃羽はなおも言う。
顔を上げ、
「あのっ、もう一度、俐人様に会わせて頂けませんか。
もう一度会えば―・・・」

上空では風がびゅうびゅうと、まるで遊びながら舞っている。

妃羽は、いかに自分が平凡で魅力がないか、
後で「やっぱり違ってた・・・」と思うような女かを、必死で訴えた。

こういう容姿だというのを見せ付け、
その日に見た妃羽はたまたま何か・・・お酒を呑んでいたのもあって
実際とは違いように見えてしまった・・・と
分からせたい。と、妃羽。


しばらく、サングラス(白衣)の男と妃羽は見つめ合った。
にらみ合ったという方が正しいだろう。


カンッ...カンカンカンッ.

鉄材が風に吹かれ、音を立てて転がっていく音。
妃羽はビクッとした。


ピーーーーッという鳥の鳴き声を背に、
白衣の男は言った。

「・・・いいだろう」


後ろで、カサカサッと人の足音がしたが、振り向く気力もない妃羽。


・・・


数日後。

俐人の部屋にいる妃羽。

「(いつもながら、豪華な部屋だなぁ)」
何だか、自分が・・・庶民な自分が蟻だとか小さいぬいぐるみのように思えてくる彼女。

ガチャリ、と後ろで音がして、さっと振り向く彼女。


<数分後>


妃羽はすでに大胆にも俐人の大きな机をバンッと叩いていた。
「幻想です。私の何がいいのですか?」

部屋の花たちまでもが聞き耳を立てているようだ。

「そんなの、どうでもいいじゃないか」
目を閉じて、肘をついて言う俐人。

「私を気に入った理由は?
裏に何かあるなら許しませんよ」

容姿さえ見せればどうにでもなる、
しかし容姿を見せて「あーあ・・・」となるのが分かっているだけに
何とか頑張って来てみた妃羽に、

顔色を変えず、普通な俐人。


「結構気が強いね」
そういう俐人に

「・・・ふざけないで下さい」
と目を伏せて言う妃羽。


「(ここまでやったんだから、無礼者だし、幻滅するわよね。
ここまでやったんだから)」
調度品の馬が大きくなって、「無礼者!」と攻撃してくるような錯覚に陥る。

「気に入ったから。それだけじゃ不満か」
椅子から立ち上がって俐人が言う。

・・・
・・・

「(何処が、と聞いているのに・・・)」


-------------------------------------------------


月夜の晩。
妃羽は窓から外をぼーっと見ていた。

ニャ〜ア


窓を開けると、野良猫『ユウ(愛称)』がベランダにいた。

ユウ「何やってんのさ」 スタッと部屋に降り、妃羽の精神に語り掛けた。

・・・

猫って普通語り掛けないよね?
妃羽が情けない声を出す。

ユウ「いまさら何言ってるんだよ 疲れてるのか?」
ユウが言う。

妃羽「分かってるの。分かってるんだけど・・・」

ユウは妃羽がここに引っ越してきたばかり、縁があって部屋で看病して仲良く?なった猫であった。
喧嘩が好きな一匹狼で、(猫だけど)それゆえ縄張りのボスとしょっちゅう戦っているのである。
(喧嘩が強くてNo.1になれるが、ボスになりたがらない)


ユウ「ふーん。
好き、に理由はねーんじゃね?」

1、自分のことを泣くほど好きだった女性がいた
2、だから自分もその人間を好きになった

上記のものが、俐人と妃羽の馴れ初めであるが・・・

泣くほど好きになられたから、自分も好きになったのだろうか


ユウ「・・・そういう感じじゃ、ないと思うぜ。
運命ってやつだな。
多分、どう転んでも惹かれ合うっていうかな」

ユウはしっぽをパタパタ動かしながら話した。
前世とかそういうのではなく、何者かの意志なのだろう、と。


・・・


夜は更けて行った。


 

BACK「謎の」  NEXT「カードの」