現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

不穏

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 

 

ポロン♪ ポロロロロロロン♪
♪♪



俐人は憂いていた。

俐人「(あの人の顔は、一体何だ・・・?
え・・・思い出せない
何故・・・)」


・・・

麗海「えー?そうですか?」

『チョッコレー』内の・フロア1、の階段の下で話している。

鴻日「そうですね
僕の見たところに拠ると・・・」

と言い掛けたと同時に、

「れみ(麗海)さーん」、とふたりの女性たちがふたりに声を掛けた。

振り向く麗海。
「リーハイ(麗海)、ね・・・(汗)」

麗海は『宝塚的格好良さ』があるので女性に大人気だ。
れみ、という日本語読みが何故か流行り、女性たちにそう呼ばれている。



え?
麗海が聞き返した。

女性「でぇ、うーんと。私は良く知らないんですけど
××の××をやって、後は××の××を」

パッと麗海がさえぎった。

麗海「あ、あの それって困る」
それは、その」

「(暘谷さんがやるものじゃ・・・)」

金髪で巻き髪にしたその女性が左右に頭を振って髪型を整えた。
周りでは相変わらずがやがやと人の声がしていて、

『キャー麗海さんよー』と2、3人が見ていた。

パラパラッと書類をめくる金髪女性。
「えーっと。こんな感じですねー」


麗海がその書類を手に取る。

くっ
「うっそ!無理よこんなの!」

金髪女性は相変わらず髪の毛を整えている。



『少々お待ち下さい・・・』
麗海「少々って!どうしてこれで暘谷さんが出ないの?
どうしてあなたがっ」

相手『通常ですと、麗海さん→俐人様の場合は
中継として暘谷さんが出るのですが 何故か今回は僕に(汗)』

電話中だ。



バサッ

帰宅後、書類の束等をベッドに投げ出す麗海。

花宇「わー、随分ある」

花宇は麗海の『趣味:料理』友達で、たまに会う間柄だ。
どこか別の国に行く場合、必ず愛衣と共に連れて行かれるほどの有能な花宇。

・・・だが、「今日は借りてく」と猫を預かるように麗海が持っていく(持っていく)ことがあるのだ。


花宇「んー・・・でも確かに。
暘谷さんと俐人様がこういうことになるんじゃないかって」

麗海は目をぱちくりさせた。

花宇はすさまじいスケジュールとメモやら何やらを見た。

麗海は疲れたように言う。
「すっごいでしょ ソレ」

バサーッとベッドに体を預けて彼女は言った。

麗海「風邪でもひいたのかなー
あの丈夫そう?な人が」




暘谷「そこは違う!」

「こうだ!」
♪♪

ピアノ室。暘谷邸。

「だから違う!」

妃羽のピアノを指導?する暘谷。

妃羽は頑張って期待に応えようと弾いていた。

・・・
「いいよ。次は『業火』」

♪♪ ♪♪♪〜!

「俺に対する怒りかそれは!」


ピアノの音がずっと続くので、トマトとレタスが窓を介してピアノ室を見ていた。
ピアノ室は窓の部分が、全面窓になっている。

妃羽「え、駄目でしたか?」
「いや、良かった・・・(汗)」

妃羽「じゃあ次は『挑戦』」

♪♪ ♪♪♪
♪♪

・・・

ティラン...

妃羽は横を向いた。

妃羽「ど、どうでしたか?」

・・・
暘谷「いいよ」


ワァーイ!!

でかい声で万歳をする


・・・
レタス「随分仲良し」

トマト「司書よりもこちらの方がいいですね・・・」

レタスは言った。
「でもどうせボストンから上海に帰るから。
その時見つければいいんだよねー」


-------------------------------------------------


それじゃあそろそろ失礼致します。
って寝てるけど 麗海さん・・・

花宇が麗海の部屋から去った。


空を見上げながら彼女は思った。

花宇「(もっと複雑なことになりそうな気がする)」


img by @ZakuroHayateさん
https://twitter.com/zakurohayate
(現在は退会なさっているようです)


 

BACK「磁力」  NEXT「妃羽とは」