現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

違和感

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



カタン、、
妃羽と鴻日の目の前のテーブルにストロベリーチーズケーキが置かれた。

トマト「それでは失礼します」
レタス「何かお飲み物は」

鴻日「アールグレイで」
レタス「了解しました」

妃羽「(人がやってきて少し安心した。
・・・鴻日さんて何か緊張するんだもん)」

妃羽の様子に何かを感じたのだろう。

鴻日「どうしましたか」
鴻日が声を掛けた。

ハッとする妃羽。

「い、いえ」



レタス「どうぞー」
鴻日「どうも」


妃羽「子供・・・」

鴻日が持ってきていた書類を手に取った。

鴻日「話題が変わって恐縮ですが。
個人のアイディアです」

飲料水の話だ。

女性の消費者中心に今後検討していく案が出ている(まだ確定ではない)。

鴻日「その際に、女性がつい本能的に見てしまう「子供の描くような絵のデザイン」
がいいのではないかと・・・」

妃羽「・・・」

鴻日「確定ではないので、これも。
妃羽さんのご意見をお聞きしたく」

♪♪
「!」

♪♪♪〜

邸内の音楽が『森林(妃羽作曲)』になった。

妃羽「そうですね。いいアイディアかと・・・」

本能、という言葉に反応した彼女。

今、成り行きでパッケージ?のデザインを色々模索している。
私がデザイン係りではないが、適当に自分なりに考えている。
今の「子供の描く絵」というのを参考にする

それらを語る彼女。


カサッ

妃羽は書類を読んだ。


鴻日「×××。×××であって」
妃羽「あ、はい」

10分後。


妃羽「・・・先程の暘谷さんの件ですが」

カチャッとスプーンでティーカップをもじもじ鳴らしながら妃羽は言う。

「俐人様はそのようなことをする人ではないと思います。
が、暘谷さんに聞いてみます

一応、私の危機?を救ってくれた人ですし
恩がありますから」

鴻日「―・・・恩?」
鴻日はいぶかしげに訊いた。

一応周囲の人間たちには、

1、俐人と妃羽がくっついた
2、離れた
3、暘谷と妃羽がくっついた

ということになっている。

妃羽「い、いえっ あの
色々とお世話してもらったって言うか」

・・・


-------------------------------------------------


鴻日『暘谷さんは女嫌いなのにあなたと―・・・
そして俐人様は一般人のあなたを一時的とはいえ迎えた。
そういう人がいると何かあると思いましてね』

妃羽『・・・』

鴻日『暘谷さんは有力な秘書で、俐人様は暘谷さんがあってこその方なのです。
おふたりが何かありますとこちらとしては少々困ることが』

少し、、冷たい視点から見下ろすように鴻日が妃羽に言った。

部屋に戻り、妃羽はずっと鴻日の冷たい視線を思い出し、物思いにふけった。


「おいっ!」

ビクッとする妃羽。

暘谷がユウを片手で持ち上げている。

暘谷「何だこの、こ汚い猫は!
いつのまに?飼ったの?」

妃羽「暘谷さん!」



―・・・

エコノミークラス(妃羽の部屋)。

ふたりはズズーッとアッサムを飲んでいる。

ユウ「まぁいい男じゃねーか ちょいぶっきらぼうだが(汗)」
↑妃羽の精神に語り掛けている

カチッとティーカップを置く時にやっと口を開く暘谷。

暘谷「・・・まぁ、心配してくれるのは有り難いけど、
大丈夫だから」

それより作曲は、だの司書の仕事先だの、デザインは?だのを
色々と聞く彼。


妃羽「・・・?」

暘谷「じゃ、おやすみ」
暘谷がFR(ファーストクラス・ルーム)に帰る頃、妃羽とユウは何とも言えない違和感を感じていた。


 

BACK「受難・・・」  NEXT「磁力」