現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

受難・・・

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



妃羽「え?」

ユウは妃羽のベッドでごろごろ転がりながら言った。

ユウ「普通はぁ、出来ても100kmが限界なんだ。
おまえさんは相当な磁力の持ち主のようだな」

本当の住処は「中国上海」。
今回はアメリカのボストンに来ている。

中国にいるはずのユウがテレポート(瞬間移動)出来たのは
類稀(たぐいまれ)な妃羽の磁力ゆえ、と言うことだった。

・・・

妃羽「磁力・・・」
少し青くなる妃羽。

ユウ「何だよ。嬉しくないのか?」

妃羽「何か得体の知れないやつなのかなー・・・って」

ユウ「考えすぎだ。
さぁ、風呂入る、風呂!」

ユウは急かした。


-------------------------------------------------

暘谷「(まじで?)」

煌びやかな赤と金の部屋。

俐人「言葉の通りだ」

少しの沈黙。

『今月のレセプション(招待会)には全部出なくていい』

理由を聞いてもハッキリとした答えを出さない俐人。
とうとう諦め、「失礼します」と部屋から去る暘谷。


暘谷「(早速嫌がらせ攻撃か・・・)」
戸惑う彼。

そういう場にこそ秘書が要るのに。

暘谷「(・・・そもそも、妃羽さんと俐人様のためにこうしたのに)」

「(俺がやった意味は何だったんだ?)」


<休憩時間>

麗海「俐人様には、 俐人様のお考えが」

暘谷「分かっちゃいるんですが・・・ハハ」

カサッ
麗海はある小さな冊子を出した。

パラ、、

麗海「―『白 暘谷、北京大学卒業、は、
判断力、行動力、指導力、が極めて優れていると判断。
魏の秘書としてここに任命する』」


麗海が言った。
「こういうの、俐人様がわざわざ書くなんて、異例のことです」
何か事情があるのではないでしょうか」

秘書は必ず持っていなければならない、大切な手帳である。

麗海は疑問であった。
「(こんなに暘谷さんのこと大切?にしているのに)」

暘谷「あー、ちょっと煙草吸って来ていいですかね
・・・まぁそんな昔のこと、、」

あ、はい。
麗海は言った。

がやがやとしている休憩室。

目の前のケーキが手付かずだったのでそっとケーキにフォークを入れる麗海。


暘谷「(どっと疲れた・・・)」

『白 暘谷は、判断力、行動力、指導力、が極めて優れている』

「(・・・折衝力、だけはないかもな)」
※相手を誘導し、思い通りに動かす力


-------------------------------------------------


俐人私室。

ウイスキーを呑もうとして、ガタッとテーブルに戻す彼。

俐人「(こんなこと・・・)」
彼は私情で動いたりなどしない。決して。

しかし
妃羽がいけない。妃羽が離れるから。

と、妃羽に心の中で当たった。

・・・
ウイスキーを少しのみ、氷をカラン、と鳴らした。



妃羽「こーれで、いい感じかな?」
(※暘谷邸)

妃羽は飲料水のデザインを画用紙に様々な形で描いていた。

シャッシャッ シャーッ

ユウは絵を指した。
「これはなんなんだ?」

妃羽「ライチーだよ」

ユウ「これが(汗)」


内線から声が聞こえた。

『妃羽さん、鴻日様がいらしております。
お通しして宜しいでしょうか』

ユウ「・・・」


-------------------------------------------------


鴻日「本来ならそちらにお邪魔する前にアポを取るべきなのですが」

邸内が上品なクラッシック音楽で包まれる。

ふたりはリビングのソファーに向かい合わせで座っていた。


妃羽は少し赤くなりながら答えた。

「い、いえ」

暘谷さんがあなたの夫になって
「あなたは何か不都合は」

え?
妃羽が答える。

鴻日「暘谷さんが、『最愛の妻』をなくした俐人様の標的になっていないかと」

妃羽は聞いている。

「―・・・失礼。不躾な言い方で申し訳ないですが」

ドアの外で、
「チーズケーキでいいかしら。でも鴻日様は何がお好きなのだろう」
とトマトが言って、
「どっちでもいいじゃーん」
とレタスが言っていた。


鴻日「暘谷さんはハッキリ言って有能な方だ。
我々とは比べ物にならないくらい

―それを、憂いてましてね」

クラッシック音楽が途切れ、ジョージ・ウィンストンの曲が流れて来た。


-------------------------------------------------


暘谷「ぶえっくしょっ!」

周りの人間が驚いた。


 

BACK「曲の終わりに」  NEXT「違和感」