現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

曲の終わりに

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



まるで鋭い錐(きり)のように
あなたは私の心にやってきた
魔法にかかり、そして気が付いたら
遠い世界に舞い降りていた。

いつまでももう、同じ世界で楽しくいられない
それならそれで私は楽しむ
あなたの世界は私のもの
きっと楽しいから
あなたのいるこの世界で
いつまでも いつまでも


妃羽「さわやかでいいですね」

愛衣「ですよね?こんな感じをイメージしてて・・・」



愛衣は妃羽の赤い顔に気付いた。
とても楽しそうな、いきいきとしているような。

ふぇ
妃羽さんってどうして、俐人様とお離れになったのですか?



妃羽「えー?」
妃羽が慌てて楽譜から目を離して大きな声を出した。

あ、や、
「突然なんですけど
そんなに『好きー』って気持ちいっぱいなのに
どうしてかなって・・・」


妃羽は沈んだ。

愛衣は慌てて、「あ、済みません。失礼なことを・・・」と謝った。

愛衣「じぇ、ジェラートアイス、持ってきます?(妃羽の大好物。持ってきていた)
って私、何言ってんの?!」

カッチィーン・・・

ポトッ
カチンッ

筆記用具たちが落ちた。


妃羽「なんでだろ・・・」


-------------------------------------------------


『入れ』

白い受話器のようなものをカチャッと置く鴻日。
声を確認した後に。


カチャッ
「失礼します」


カラン・・・
俐人はウイスキー(ブランデーかも)を鳴らしてテーブルに置いた。


鴻日「あなたは、気付いてらした」

何故か冷静な声で言っている鴻日。


ユウ「(訳の分からない俐人サマの行動、妃羽の立ち位置。
よ〜やるねぇ こいつは分かってた訳だ)」

すぐ近くの窓で、ふたりを見守るユウ(猫。偽物のような登場)


10分程経ち。

鴻日は退室した。


その際、ユウは鴻日と目が合い、フッと冷笑をされたのを確認した。


ユウ家(仮住まい)。

ユウ「(うっさん臭ぇ奴だなぁ
あーめんどさ・・・)」

妃羽『ユウってば過保護?よー』

ユウはため息をつき、どうやって妃羽と再会するかと思っていた。


♪♪
ポロロッ

♪♪ ポッポーン

愛衣「ふぅ」

妃羽「やっと出来た」
「いや、こんな感じかな?」

愛衣「やっ、もう大丈夫ですって
頑張りすぎですっ!」


ユウは遠くからその様を見ていた。

愛衣「名残惜しいのは私も一緒です!
(涙声)まだあいばじょ〜」
妃羽「は、はい(汗)」


見送り時。

妃羽は大きく手を振った。
「また来て下さい、是非ー」

後ろにはトマトとレタスがいる。

愛衣は何度も何度も振り返って言った。

愛衣「また会いに来ます!また来ますでぇ〜〜(涙)」


妃羽「・・・何であんなに」

トマト「妃羽さんの恋人だと思っているのでしょう」
レタス「好かれるのっていいな〜」

カツッとサンダルを履いて歩く妃羽。

「(やっと今日一日終わった・・・)」

愛衣がいなくなり、気付けば辺りはすっかり暗くなっている。


暗い私室の電気を点ける。

ユウ「や〜あ 妃羽?」


-------------------------------------------------------


ユウ「お約束だな こういうの」

妃羽「やだっ、だって」

妃羽の鉄拳をくらい、傷を作ったユウに手当をしている妃羽。

その後。

「だから、あいつには注意しろ」

クッションの上に乗りながら言うユウ。


えーと
鴻日さんて
「(あの、、ブラウンのスーツ着てる人?)」

ユウ「何らかの秘密を握ってるって顔してる
付け込まれないように気を付けるんだな」


妃羽「で、でも突然・・・」
妃羽が言った。

ユウ「心配だから見守ってる。おまえさん危っかしいからな)」


目まぐるしく変わる展開。
現実が分からないまま、時過ぎ行く・・・。


 

BACK「流れてゆく」  NEXT「受難・・・」