現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

流れてゆく

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



麗海「お疲れなのではないですか」


休憩時。
第2秘書の麗海が暘谷に声を掛ける。

ふー、と書類に向き合い「いや、大丈夫です」と暘谷。


鴻日「そういえば、妃羽さんとはいかがなのでしょうか」


暘谷「いかがって?」
向き直る暘谷。

噂になっているんですよ
俐人様の奥方を、と。
と暘谷。




暘谷「(今まで意識しなかったけど
そういうこと、、になったのか俺←いまさら)」

「(あーなんかやだやだ)」

・・・まぁ

暘谷「ほどほどに、上手くいってるよ
多分・・・」


そんなことより
暘谷「(俐人様から引きはがしたんだよな俺)」


とても厭な予感がする彼。


---------------------------------------------------


妃羽「んー、ここは。んー、、違うなぁ」
♪♪ ♪♪♪〜

♪♪

♪〜


「ふぇい〜ゆ〜、さん!」

え?

妃羽が振り向いた。

愛衣がいた。

妃羽「あっ!」


数日前。

トマト(鈴玉)『恐らく愛衣さんがいらっしゃるでしょうから』

妃羽『うん、その時はサプライズで通して』

『いきなり驚きたいの』

トマト『かしこまりました』


妃羽「愛衣さん!」



外のテラス。

丸いテーブルでお茶をする愛衣と妃羽。

愛衣「ずーっと泣いでまじで・・・
どうしていいかわがんなぐで・・・」



「ピアノ?」

一連の出来事を聞く愛衣。


楽譜を見る。

愛衣「こんなに・・・すごい・・・」

妃羽「ちょっとね 頑張っちゃった」

愛衣は言った。
「でも、いいんですか?
確か本が好きって」


♪♪♪ ♪♪〜  ♪♪♪

愛衣「・・・」

♪♪♪♪ ♪♪



愛衣「ブラボーッ!」
パチパチと愛衣が拍手をした。

「はは、そんな」

愛衣「それ、、何か、、恋する曲ですか?」

妃羽「ばりばり恋する曲です。俐人様への・・・」

え・・・
愛衣が楽譜を見る。

赤くなりながら妃羽が言った。
「その、大好きな人ですから」

魂がこもり、それが珠となって上に上がっていくような曲。

妃羽「え?」

愛衣「歌詞を付けると良いと思います!
良い曲ですし!」

歌詞・・・
妃羽「愛衣さんが付けてくれませんか?」

愛衣「え?あの」



ボストンビル、『チョッコレー』

騒がしいビル内。

・・・


鴻日「先程のものを提案します」

会議室・F。

飲料水のデザインについて検討会が行われていた。
(だいぶ後半)

白衣を着た女性が窓を見ている状態から振り向いた。

女性「あら?」


女性「それだと、軽いわ
何か別のものを」


(話し合い)
(鴻日と女性の対話だけ)



終了時。

全員が「部屋から去りたい・・・」と思っていた。

女性「よく・・・分かりました。
もう終わりにしましょう」

議長っぽい人「解散!」


---------------------------------------------------


男性「確かにあの人、人の話聞かないですぐに決めちゃうけど」

・・・

まぁ確かに
「毎回思うけど、会議とかやってる意味ないよな」

「でもあれはまずいだろ(汗)」

鴻日「言われたがってる顔してたから」


し〜ん・・・


柔の鴻日と、剛の暘谷。

飲料水の検討は少しずつ、、深まっていった。
このふたりを二柱にして。


 

BACK「ライチーの行方」  NEXT「曲の終わりに」