現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

ライチーの行方

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



その日、妃羽はバタバタと動き回っていた。
妃羽「ここにもない・・・」


しばらく部屋のあちこちをねずみのように探す妃羽。

・・・

創作曲をレポート、メモしたノートなのだ。

妃羽は片手で頭を抱えた。
窓に向かい、ベランダから外を見る。

・・・

先日。

暘谷『だめったらだめ!』

妃羽『何でそこまでっ!』
わたし今「グリーン家殺人事件」読んでるのに!
何度読んでも面白い〜


間。


結論:

1、特別な何かがあるから曲作れ
2、多分、俐人様がおかしくなったのって原因それ
3、だからやれ(作曲)


-------------------------------------------------


妃羽「(押し切られたのはいいけど、どうするか・・・
確かに少しヘンな感じはしたんだよね)」


森林。

妃羽「(・・・俐人様への想い。どうしても嫌えない、あの麻薬のような・・・
それらを、表現した曲。私の想い。
こんなに俐人様を好きなんだ)」

はぁっ
ため息をついて部屋に寄り掛かる。



ビシャッ

いつの間にか、大雨で何処もかしこも雨で濡れた。
街中の公道、車があとから後から走り、雨の勢いで少し視界が白っぽくなっている。

ビシャシャッ

車中。

鴻日「どうでしょうか」

後部座席には暘谷、俐人、麗海。

鴻日、麗海=魏家第2秘書


暘谷「(ライチーの質を落とすだと?)」
手元の資料を見ながら思う暘谷。


◆AAAライチーからBBCライチー変更の提案


鴻日『ライチーの高品質化を求めます』

えーと
「これ、低品質、って案があるけど?」
見間違い?

ボス!
麗海「良かったら女性から直接聞いてみてはいかがでしょうか?」

俐人「え?」


鴻日(ボスって呼ばれてる)「ええ。
それも考えています」

運転席は第2秘書の鴻日、後部座席は3人。

ひたすら書類を読む暘谷。
目をつぶる俐人。

麗海(第2秘書)・・・。


ボストンビル、『チョッコレー』。

アルフレッド「アンケート?」

鴻日「ええ、今度社の商品に、と」

はぁーっ
アルフレッドは宣伝会社の宣伝部長のような立場の人間である。


鴻日「僕は高品質化を望んでいるんだけど」

アルフレッド「ライチーかぁ。僕良く知らないからなぁ」

女性「ほにーさん!あの!」
後ろからとある女性が遠くから鴻日(ほんいー)を呼んだ。

鴻日「どうした」

女性「えっと今上で問題が起こってまして。
至急こちらに」





会議室・G

N頭取「― という訳でだね、ほらうちもそんなに値を上げる訳にはいかないから
通常が良いと思ってね」

後ろには何人かの魏の取り持つ企業の秘書たちが控えている。

N頭取「その通常品質のライチー、に「とても良い取り引き先」がいる訳だ」

鴻日「――・・・」

N頭取「えーそれで、「その取り引き先」から仕入れようと思うんだが諸君はどう思うかな」


男性「(きったねー、俺らが何も言えないの知ってるくせに)」

男性「(相変わらずだな)」

暘谷「(これはどういうことだ?
(書類を見ながら)「低品質化の提案」とか「高品質化希望」とか
言いたい放題だな・・・)」

僕は
鴻日「女性、に聞くのが一番だと思います」

全員「(ゆ、勇気あるぅ・・・)」
凍りつく室内。

・・・
N頭取「まぁ、ほら、そうだね 他の君たちなんかないか」

全員は顔を見合わせる。

・・・

鴻日「(これで俺を呼んだのか
反論くらい言えないのか)」

男性「頭取!」
秘書のひとりが声を上げた。



休憩時。

広いフロアでだら〜んとふわふわした空間で泳ぐように歩く人間たち。

暘谷「(・・・どこかの取り引き先と手を組んだのか・・・)」

先程の頭取の言葉を思い出す。

暘谷「(何かを決めた上でどうこうしたいのに
話し合う必要はあるのか?)」

暘谷さん。

暘谷「え?」
暘谷は顔を上げた。

目の前には鴻日。
「お疲れですか。コーヒー」

「うん」
そのコーヒーを受け取った。

ずず、とコーヒーを飲む暘谷。

暘谷「(ま、いいか
何とかなる―)」


3人とも、優雅にコーヒーを飲む姿は、休憩時の更なる癒しとなった・・・。


ふわん・・・


 

BACK「台風初日」  NEXT「流れてゆく」