現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

5日目

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



その日の朝食時。

妃羽「・・・」
美味しい朝食を食べる妃羽。

カチャッ
あぐぐ

・・・

遠くから聞こえる掃除機?の音、パタパタと駆け回っている音。

先程の声を思い出す。

『俺は朝が早い!
だから見送りとかはいいから!←気が立っている
だからゆっくりしてるんだ!いいな!』

妃羽「(一緒に朝食食べたかったなー
ま、しょうがないケド)」


5日目。

1、見たくない書類は全部外側でやってくれて、妃羽は見なくて済んだ
2、果物飲料のデザイン構想をひき続きやっている
3、ピアノで創作活動をしている(700曲の表現曲を目標←年単位


妃羽「(見送りの時もいないようにしていた、俐人様。
・・・・・・)」

毎日しょんぼりしている彼女。
身の安全が守られたゆえに、やっと思えるようになったということだ。


部屋のドアが並んでいる廊下。
そこの先の窓に向かう妃羽。

数日前の記憶を思い出す。

暘谷『何か要るものは?』

用意された妃羽の部屋でほこりまみれになって暘谷が聞いた。

妃羽『な、何もありませ』

『じゃあいい!←短気
他、なんだ』

スックと立ち上がる暘谷。

『ま、こんなもんだろ』

目が点になる妃羽。
妃羽『(パワフル・・・)』

彼は、、
荷物の整理を、自分が何とかする!と全部自分でやったのだ。
(大きなお世話、、)


『俺は!』
ビシッと言う暘谷。

全部 自分でやります。
掃除も料理も。

・・・洗濯は苦手なんで使用人に任せてますが

妃羽は驚きの声を上げた。

妃羽『全部?掃除って、、この屋敷全部、ですか?』
汗をかく彼女。

ええ
まー2ヶ月にいっぺんくらいかな・・・。
と暘谷。

普段は使用人たちに、念入りな掃除は暘谷が(略)
という訳だ。


妃羽『し、神経質・・・なんですね』

暘谷『放っとけ!』


料理は必要だから、とのことだ。
男だって料理くらい出来なきゃな、と暘谷。


妃羽は『苦手なタイプかも・・・』と思った。
(労働者の同族嫌悪)



そして現在。

たまにまた、俐人への恐怖がこみ上げる妃羽。

妃羽「(あ・・・恐い)」

暘谷『俺がいるのに来るほどプライド低くないですよ さすがに。
それでも不安?GPS要る?』

妃羽『はい!』


妃羽はふーっとため息をついた。


♪♪♪

♪♪



朝食を終え、(暘谷が作ったもの)
ピアノを弾き出す妃羽。



「(俐人様への気持ち、きっと一生残る。
うん・・・)」

♪♪


というより、その想い自体がピアノの曲であり、想いがなくなれば
曲が作れなくなるのだ。


・・・

ふぅ

暘谷「(いつか引きはがさなきゃ、って思ってたけど
これで何とかなったな・・・)」

何となく、「危険」といつか(ギリシャ高級別荘地話の時の)思った彼。
何とかなった、と思った。


『やるしかねーだろ
どっか隔離できないかな あの人』

まさかこんなことになるとは。

七匹狼(中国煙草)を吸いながら暘谷は思った。

「(離すったって「そこまで」とは思わなかったし
・・・)」


面倒臭えぇ・・・

心から暘谷は思った。


 

BACK「霧への」  NEXT「影響」