現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

そっちの方が?

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



魏家の門に近い森の中。

少し汚れながらも、汗をかいて妃羽は走る。

冷静に考える妃羽。
ひんやりとした夜の空気で頭が冷静になったのか。

「(このまま、何処か人のいる場所を見つけて、事情を話して・・・。
私の意思を伝えてもらおう。伝えよう)」
彼女は裸足のままガサガサと走った。

途中、さすがに足の裏が痛くなり、そっと歩いて行った・・・。


-------------------------------------------------


1時間後。


1、使用人たちに言えば何とかなるかも、、と屋敷に戻る
2、只ならぬ妃羽の様子に暘谷が心配
3、ずーっと事情を聞く
4、いまここ


暘谷「俺はそういうの、踏み込めないんですけど、あえて言うなら
そういうのは我慢して下さい」

青くなる妃羽。

相性が良くないんでしょうね(ぼそ


きっと ずっと一緒だから、という条件があったから

暘谷「(そういうのが大丈夫だったんだろうな
あーやだやだ こういう話題)」


結局また来られたら。
またあの上海のアパートに。

死ぬ・・・

両手で顔を覆う妃羽。


妃羽は肩を落とした。

しくしくしくしく
しくしくしくしく


え・・・

さめざめと泣く妃羽に暘谷は真っ青になった。

暘谷「(俺そんな変なこと言ったー?)」
普段から言葉づかい悪いのに↑


妃羽「もうやだ・・・こういうの『すれ違ってるだけ』『考えすぎよ〜』
なんて言って誰も分かってくれない」

しくしく

暘谷「(参った・・・)」


仕方ない。

暘谷は言った。

「えっと 俺の嫁になります?」

妃羽「え?」
バッと顔を上げる妃羽。

暘谷「俺のとこいれば俐人様大丈夫でしょう」

言っちまった・・・と暘谷は言った。

暘谷「どうせ監視?出来るし
俺のとこなら来ないでしょう 多分だけど・・・」

ぽかーんとする妃羽。

暘谷「ふぅ〜。・・・俺は。
元々誰とも一緒になる気は無かったし、
あなたがいてもいなくても一緒だし」


・・・

空気が柔らかくなる。

汗だらけの体がいつの間にか乾いていることに気付く妃羽。


あ、と気付く暘谷。

俐人『勘が鈍ってしまったからなんだ!』

暘谷は焦った。

暘谷「(なんでこんなことに・・・)」


今日の運勢は多分俺最悪なんだろうな、、と思う暘谷。
(現実逃避)


-------------------------------------------------


そのまま、部屋の外で待機していた中の、、花宇と愛衣と一緒に
俐人私室に向かう妃羽。



し〜ん・・・

しばらくの沈黙。

俐人「あいつは女嫌いだ 特等の」

でも

コンコンッと机を鳴らして言う。

俐人「その方が幸せなのかもな」

あなたの
厭な部分を見ないで済むならそれで、、

と思う妃羽である。


俐人「私の方が愛情は上だよ。
それだけは分かって欲しい」


何なのこの急展開は。
えーっと、、と思う妃羽。


 

BACK「恐怖」  NEXT「霧への」