現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

急展開

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



『君には何の魅力も感じなくなってね・・・』

『本当の意味では何も?
単純にもの欲しそうだったから』

『ただの享楽だった。
そのくらい分かってただろう?』

『君だって楽しい思いをしただろう?
夢を見るには長い時間だったね』


妃羽「(書いておいて良かった・・・
少し安心)」


俐人『本当の意味では何も?
単純にもの欲しそうだったから』

先程の俐人の言葉を思い出す。



少し前に書いたのだ。(冒頭の4つ)
『捨てられた時用に、台詞をあらかじめ予想しておいて、
覚悟を付けておく』


俐人『本当の意味では何も?
単純にもの欲しそうだったから』


何故か少し安心する妃羽。
「この世界」が合わない、と思っていたのもある。

妃羽「(何もかもお腹いっぱいだったもの。こ、これで開放される・・・)」



俐人私室。

暘谷「人を何だと思っているのですか」

早々と迎えておいてすぐに離縁。
相手にも失礼ですよ
良く知らない人だけど!


俐人は黙っている。


暘谷「やっぱり、、愛してらっしゃらなかった・・・」


俐人「違う!」
声を上げる彼。

勘が・・・勘が鈍ってしまったからなんだ!

??
暘谷は固まってしまった。



バサッ

妃羽私室。

パタパタッ
さかさかと(もう切り替え?)荷物を片付けている妃羽。

本を何冊も重ねる。
パサッ


妃羽「(またいつもの生活に、、戻るのね。
上海・・・。
あ、そう)」

前の場所さえ一瞬忘れかけていたようだ。


ハァ・・・
思わずため息を吐く。

『決して怒ってはいけません。世界はあなたの味方です』

「(どうでもいいよ)」

いつかの、アクセサリーショップの店長のメッセージ。。



あることを思い出す。

体が固まる妃羽。

あっ

妃羽「(ま、また本能で勝手に来られたらどうしよう
可能性は考えられる

そ、そういう関係になったらちょっと・・・)」


-------------------------------------------------


コンコンッ
俐人私室にノックが掛かった。


「入れ」
彼は入室を許可。


「失礼します!」妃羽が部屋に入った。


俐人「ん?」

妃羽「本能で、っておっしゃってました。
またその本能が芽生えたら、その・・・困ります」


あ、愛人のような関係になったら厭です。
汚いです。そういう関係。

私はちゃんとした関係だとかがいいと言うか。
ミニ・愛人のようなものは・・・


俐人「不満か」

俐人はそれはそれは鋭い眼光で妃羽を睨んだ。
何だこの莫迦は、とでも言わんばかりの・・・


妃羽は戦慄を覚える。
「(この世界はこれが当然、なのね 恐い・・・)」

空気清浄機の音を聞きながら、ただずっと
去らないでずっとたたずむ妃羽。


ずっときゅっ、と唇を結んで妃羽は言った。
「私は厭です。こういうのは・・・
ですから完全に私を切って下さい」


引き続き、イラつく顔をしながら俐人は言った。
「厭だ。君は私が好きなんだろ」


・・・

妃羽は頭が真っ白になった・・・


 

BACK「何かの記憶」  NEXT「恐怖」