現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

惹きつけられるから

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 



うげっ?!

がばっ と起き上がる妃羽。

どこかの部屋にいる。

「(みっ、見つかった!
どうして、どうして見つかったんだろう
草原で寝てたところを、、連れてこられて・・・

睡眠薬でも打たれたのかな。
起きなかったなんて)」

・・・

妃羽「(にしても何なの。この豪華さ。
・・・?
・・・
ギリシャ?の高級別荘地?)」



20〜30くらいの別荘地がびっちりとくっついている作りで、
上から下へ階段のように段差がある。

(でっかい段差)

多分
「(ギリシャの高級別荘地を豪華にしたもの・・・
真似たのね
国は何処かな)」

こういう世界で生きてきた人は
マンションの上に住んでいたらそれ下には住めない、、
・・・って原理の、、思考になるのかな

「(私はある意味幸せなのかも)」

しかしあまりに豪華な作りに目の前が暗くなってくる。
同じ人間なのに、何故こんなに世界が・・・
悶々と思考する。


-------------------------------------------------


暘谷「あなたがどうでも良くても、周りは困るんです。
もう少し、ご自分の行動を一瞬でも考えて、、
それから・・・」

暘谷のお説教は長々と続いた。

妃羽の言い分を全部聞いた上で暘谷は建設的なアドバイスをした。


〜♪
周囲からクラッシックの音楽が上品に流れてきた。

ベートーベン:ロマンス第2番ヘ長調 Op.50


その時暘谷は妃羽のしょんぼりした姿を見て思った。


この人

〜♪
♪♪

クラッシック音楽が突然悲愴めいた曲に変わった。

グルック:精霊たちの踊り

暘谷「(変な女。面白い顔してる)←ひどい)」


ピシッ!?



暘谷「(この人、惹きつけられる)」


-------------------------------------------------


愛衣(あいいー。召し使い)「へっぇ〜?
魅力的ってことじゃないですか?」

暘谷「さぁな」
暘谷は背を向けながらかったるそうに言った。

夕食の片付けを8割方終え、
後始末時の会話である。


時間が経ち。

電気がポツリポツリと消えていった。


愛衣「暘谷さん、大丈夫ですか?
苦手なんですよねそういう?の」

暘谷「・・・やるしかねーだろ
どっか隔離出来ねーかなあの人」

愛衣「・・・(汗)」


-------------------------------------------------


綺麗な寝室。

妃羽「たくさんのぬいぐるみを揃えたいです」

俐人「いいよ
どのくらい欲しい?」


・・・
・・・
<深夜>


キィ.....
「(起こさないようにしなきゃ)」
そっとお風呂の扉を開ける妃羽。

「ハァッ」
苦しそうに息をする彼女。

いつまで・・・
こういう生活が続くんだろ

そして・・・
私は
人間扱いされてない

ザーッ
ザーッザーッ

妃羽がそう考えているのを、そっと見守る俐人。




 

BACK「孔雀以上の」  NEXT「うみ」