現代ファンタジーのオンライン小説 - ものもの

孔雀以上の

小さな世界 > 第1章「妃羽」
 




暘谷。

白 暘谷(ばい やんぐー)。
俐人の有力な秘書である。

その日、暘谷は強い口調で俐人に言った。

煌びやかな赤と金の部屋。

それとは対照的に堅い黒いスーツに身を包んだ暘谷が俐人に苦言を呈した。


「俐人様。あの、、その。
妃羽さんは何処かの権力のある家柄の女性ではありませんし、
我が組織には何のメリットもありません」



暘谷「あなた様が何を考えているか、私にはさっぱり分かりません。
お好きになったのなら、お妾?という手も
(側室?何て言えばいいんだろう)」


後ろを向いて座っている俐人。
沈黙を貫いている。

部屋の香の薫りが桜花のようなものから森林のようなものに
変わっていることに気付く暘谷。



暘谷「あなた様は妃羽さんを愛しておいでなのですか?」

少し暘谷の方へ向き直る俐人。

あまりに
あまりに婚姻が早く、何か「事情」があるとしか思えません。

暘谷「(違う。本当はすぐに俺に相談してくれなかったのが厭だったんだ)」

カラン・・・


お酒か何かを少し呑んでいた俐人が言った。

俐人「愛してるが」


暘谷「・・・?」

固まる暘谷。

グオオォォーン.....
何だか今日の飛行機の音はうるさい。

暘谷「そういうことであれば、仕方無いですね」
小さい声で言う暘谷。

パタン.....
退室する暘谷。


・・・
「(何なんだあれはっ!)」
意味不明になる彼。


暘谷「(何も相談してくれなかったのはショックだったが
あの香は或るしるしだ)」

きっと、何かあるのだろう 多分だけど・・・

何かが・・・


-------------------------------------------------


孔雀さん。

妃羽「アナタは私と無縁だと思っていた」

心理テスト。
孔雀を選んだ人は「お金が最も大切な人」。


ぱさんっ

隠れ家の奥に閉まってあった孔雀の衣装。
同じく古い化粧品。

「(・・・俐人様をゆーわく・・・何考えてるの私)」


家出して2日目。

雄大で贅沢な景色の中、『空想の孔雀』を想像した妃羽。

思い切りお洒落をして、、
孔雀の服を身に滑り込ませた、、虚飾の夜へと繋がった。

下手な手つきでカクテルを作り、
背伸びしてポーズを作った。


「(孔雀なんて要らない世界なのに・・・)」


段々と眠くなる妃羽。


テーブルの上に上半身を横たえる。

俐人「・・・」
無言の俐人の姿が思い浮かぶ。


・・・

妃羽「(雲の上の人だけど、一度でいいから・・・
一度でいいから・・・綺麗って思われたい)」


世界なんて要らない。
何も要らないから
この『遺産』さえ手に入れられればいい、って・・・


-------------------------------------------------


身分の高い人間は身代金対策にGPSを埋めるケースが多く、プライバシー措置のために
本人が電源を ON,OFF に切り替えるという仕組みになっている。

俐人「(のを、妃羽は気付いていないな)」

一般市民だったのだから知るチャンスは少なくて当然な訳だが・・・


良く分からない・・・
愛の感情が良く分からず、
しかし本能的にという部分がある。

困ったな・・・(汗)

外は暗く、月だけが異様に明るく夜空を照らしていた。


 

BACK「理由」  NEXT「惹きつけられるから」