愛はかげろうのように 〜ようきVer〜


 

アメリカは「ハッピーエンド」で明るい
ヨーロッパは「アンハッピーエンド」で暗い


タイトルが「ようき」になっている
 

げんそうさんがアメリカの歌の和訳の役になったので
 

次はようきか
 

私はヨーロッパの歌の和訳、の役で。
パワフルなアメリカと違って悲しい感じ。

 

  



男:げんそう、上級魔術師。
:ようき、中級魔術師。

  

 

愛はかげろう
 

原題は「I've Never Been to Me」です。
 

『私がいない』
意味が違うな
 

だいぶ違いますね

 

 

YouTube

 

 

聞いたことあるな
どこだっけか
 

たまに流れてるから知ってる人がちらほらいるのかも
設定は、むかし無茶していた女性が老年になって昔を悔いる、、みたいな
 

無茶
 

魅力的な女性だったようで。
それで快楽を求めすぎて、、のような内容
 

アメリカ、ではないな 確かに
 

悲しい感じが多いですからね。ヨーロッパ。
アメリカは元気で明るいんですが
 

うん
 

それではいきます。
暗いけどまぁアメリカのパワフルに対して中和してる、と思えば・・・
 

おう

 

 

続き

 

BACK