BACK

 

ある国の皇太子が、お妃との間に男児をもうけられず途方に暮れていた。

お妃とは心から愛し合っていて、それでも子に恵まれず。

女の子は何人も生まれているのだが。

 

そしてもうお妃は子供を生むのが困難な年齢に差し掛かっていた。

 

臣下「恐れながら。男子が出来ない以上、側室・・・と言いますか。

お子を産みあそばせることが出来る方を。と考えております」

 

皇太子は分かっていた。

子を成すのは王となる者の義務。

 

愛し合って子供を作るのは普通の人間で。

自分は尊敬はされど、

「愛し合って」子供を作るということが出来ないケースに遭遇することがある。

 

しかし国のためである。

どうにかしなければいけない。

 

王室の男性は全て皆亡くなっている。

 

病気で亡くなった、元々病弱だった、事故に遭ってしまった・・・

元々寿命が短かった。

 

・・・など。

 

跡継ぎがいなければ王家は断絶ということになる。

 

 

 

 

A型皇太子

 

皇太子「仕方ない・・・」

お妃「当然ですわね。あなたのなさりたいようになさって(グスッ)」

 

皇太子「(国のためだ仕方ない。
そういう運命に、身分に生まれてきたのだ)」



心中:自分のしたい事柄より、義務の方を優先する私か・・・(ため息)


 

 

B型皇太子

 

皇太子「じゃあ無理矢理生ませる!下がってよい!」

臣下「しかし、お妃さまはもうお歳が」

皇太子「大丈夫だ!多分」

臣下「・・・(強く言えない・・・)」

 

心中:そのうち身ごもるだろう。


 

 

O型皇太子

 

皇太子「君が、君がもっと私を(愛してくれたら)!」

お妃「御免なさい。でも私はあなたをちゃんと愛してるのに」

皇太子「・・・八つ当たりなんだよ」

 

死ぬほど葛藤した後に、側室を取る。

 

心中:八つ当たりしないでやってられるか!


 

 

AB型皇太子

 

皇太子「出来ないね、それは」

臣下「え、その・・・」

皇太子「これがもし国のため、なら」

 

 

臣下たち「国が滅ぶのが運命?正気なのか?」

 

心中:多分運命だろうから、逆らってもエネルギー使うだけだから次のこと考えない?

 

 

 

結論:



A型・・・義務感すごい。

B型・・・可能性がゼロになっていないことなら、あまり動揺しない。

O型・・・追い詰められると混乱して八つ当たりしてしまう

AB型・・・側室がいても無理(根拠を略します)とすぐに判断し、
無駄ならばもういいじゃない、と思う程の頭の回転の速さ

 

 

 

BACK