天秤座

 

★活動宮☆ 男性星座。守護星は金星

バランス。美の均衡。あらゆるバラエティのある他者との交流。

他人への興味。社交性。

7室にあたる天秤座で、人は初めて他者の存在を意識します。

前半6星座で、人は個人としての完成を目指しました。

天秤座でやっと客観的に人と関わることの重要性を知ります。

天秤座が対人関係の星座といわれるのはそのためです。

同じ金星がルーラーである牡牛座との比較でいうと、牡牛座が物をコレクションするとすると、その集めたものをみんなに見せて共有化しようとするのが天秤座。(美術館、サロンを開く、広報など)

物があれば人にプレゼントなど。

バランスのとれた対人センスが発達します。

 

十二星座の前半部は、個人性の探求
そして後半部は、集団性の探求である。

前半部において、個人の生き方の完成に至り、
さらなる可能性を求め、他人との交流を始める。

はじめて他者と関わる、という意味で、
180度を隔てた牡羊座と、天秤座は似ている。

はじめて個を確立しようとする牡羊座と同様に、
はじめて他に接近する天秤座も、対人距離が掴めない。

とりあえず人に会ってから、なんでも考えようとする。

つまり、危険性の高い実験性が、対人関係で展開される。
予想外の出来事で、悶え苦しんだり、振り回されたりする。

蟹座に現われる作用は、
90度手前にある、牡羊座の作用の否定。

独創性を否定し、平凡性に最大の評価を与える。

一方、天秤座で現われる作用は、
90度手前にある、蟹座の作用の否定。

同質性を否定し、異質性に最大の評価を与える。

すなわち、天秤座は、牡羊座の作用の肯定となる。

天秤座は、個々人が自由に主張すること、
その差異を観察することに面白さを感じる。

この環境では、自分もまた個性を発揮する必要がある。
牡羊座の粗暴な個性は、天秤座で洗練された個性に変貌する。

個々人が雑多な思想を持つと、
最後に真実が全く分からなくなる。

天秤座は、この中で共通性を発見し、
これが客観的な人間としての知識となる。

時代、地域、年齢でも変化しない、永遠の人間像

天秤座において、こうした部分にはじめて気が付き、
これが天秤座の、永遠の智慧に対する憧れを生み出す。

天秤座の金星は、美を表しているが、
バランス感覚美意識は、大いに関係する。

それゆえ、天秤座は常に比較対象を求めるが、
比較できない場合には、真実が分からなくなる。

比較ができる場合は、最大公約数的な美に進化する。

たとえば、日本人ばかりいる場所では、
他の日本人と比較し、日本人の美意識が発生する。

しかし、ここに欧米人が入ると、今度は彼らと比較し、
日本と欧米の共通面を探り出し、ここにバランスを置く。

同じ金星を支配星に持つ、牡牛座天秤座は、
150度の角度をなし、インコンジャンクトを示す。

つまり、牡牛座の素材を、天秤座で洗練しようとする。

 

BACK