12星座別行動

 


あなたは学生。今朝もいつもの様に通学バスに乗った。
運良く座席に座れた。
やれやれと思っていると、後から乗ってきた中年のおばさんが

あなたの横に立ち、
「若いんだから立ったらどうなのかしらねえ。まったく。」

と聞こえよがしに嫌みにブチブチとつぶやきだした。

周りの視線があなたに集中する。

その時のあなたの態度はさて。


 
  A:何を言われても気にしない。完全無視を決めこむ。
→周りにどう思われても気にしないが、自分が正しいと思ったらてこでも譲らない。
しかしそれを感情的に表すのはみっともないと考える
 (水瓶座)


B:何も言わずにおばさんをひと睨みする。舌打ちする。
→まず先に感情がくる。周りの視線は気にならない事も無いが、それを抑えられる程理性的でもない。度胸は余り無いが意外に攻撃的 (蟹座)


C:「すいません。」と頭を下げる。(でも席は立たない。)
→自分が正しいと思う事は絶対に譲らないが、ここで騒いで自分が悪者扱いになるのもいや。自己中心的だが周りの評判を結構気にする (獅子座)


D:無言で静かに席を立つ。あえておばさんに席は譲らない。
→障害回避タイプ。嫌な事や面倒な事からはさっさと逃げる。トラブルには弱い。他人にあまり気を使わないが他人の目もあまり気にならない (射手座)


E:「気がつきませんで」とおばさんに愛想良く席を譲る。
→周囲の視線をいつも気にしている。客観的で社交的だが相手に合わせてばかりで存在感が希薄に見える。「あなたと同じでいいよ」が口癖 (天秤座)


F:「気がつきませんで」とおばさんに嫌みっぽく席を譲る。
→理不尽だという怒りと、怒るとみっともないという理性と、中年に席を譲って恥をかかせる企み。回転の速い頭と、感情を隠しきれない理性の複雑なバランス (双子座)


G:「早いもの勝ちだし」と聞こえよがしに呟く。席は立たない。
→理不尽だと思う事には絶対黙ってられない。周りの視線が集中しようとも自分が正しいと思えば気にしないが、相手に面と向かって言う度胸はない (乙女座)


H:次の瞬間にはタヌキ寝入りを始めて聞こえないふりをする。
→災難が起きたら時が過ぎるのを辛抱強く待つ。自分からは全く動こうとはしない。いちいち相手に弁解したり説明したり謝罪したりするのが面倒なので口が重い (牡牛座)


I:「すいません」と恐縮しながら急いで席を立つ。
→自分を罰して全てを収めようとする。無意識の内にこの行動をとる人が多い星座。まれに周囲の視線が同情の目に変わる事を計算してこれを行う策士もいる (山羊座)


J:おばさんに向かって「座りたいんですか?」と堂々と大胆に聞く。
→相手の負の感情を読みとらないお人好し。子供の様に純真で子供の様にバ(略)。あるいは問題解決能力が非常に高く相手に妙な警戒心を抱かせないタイプ (牡羊座)


K:憤慨した様に席を立ち、おばさんの顔も見ないまま黙って後部に下がる。
→秘めた感情と攻撃心はかなり強い。この様に理不尽な事を言われた時は爆発する。こうなると周りの視線や評判も一切気にならない。陰口も全然平気 (蠍座)


L:居心地が悪い、という顔をしてみせ、次の停留所でそそくさと降りる。
→やや自虐的な逃避タイプ。大げさなまでの行動を取る事で自分が相当傷ついた事を相手に知らしめようとする。周りに同情されたい (魚座)

 

 

BACK