碇シンジ

綾波レイ

惣流・アスカ・ラングレー

葛城ミサト

赤木リツコ

碇ゲンドウ

冬月コウゾウ

加持リョウジ

鈴原トウジ

相田ケンスケ

洞木ヒカリ

伊吹マヤ

日向マコト

青葉シゲル

碇ユイ

渚カヲル

ペンペン
 

 

 

碇シンジ

 
Voice: Megumi Ogata
Birthday: 2001.06.06
Sex: Male
Age: 14
Blood type: A
Etc: Third Children
   
本作品の主人公。
父ゲンドウ・母ユイの長男として生まれる。
3新東京市に来るまでは先生の所に住んでいた。
特技は、5歳から習い始めたチェロ。
エヴァンゲリオン初号機のパイロット(3人目の適格者=サードチルドレン)としてNERV(ネルフ)に呼び寄せられた後、 葛城ミサトとの同居生活や活発な惣流・アスカ・ラングレーとの交流、心を閉ざしていた綾波レイとの触れ合いなどと、エヴァンゲリオンでの戦闘という過酷な状況を通じて、徐々に自分の存在意義を見つけ、一人の人間として成長していく。
エヴァとのシンクロに、天才的な才能を見せる。
一人称は僕だが、劇場版で一度だけ俺と呟いた。
Wikipediaより)

>一人称は「僕」だが、劇場版で一度だけ「俺」と呟いた。
萌える。

ファザー・コンプレックスを内包している少年。
父親に捨てられて育ったという心理的外傷を抱えており、そのため内向的な性格になっている。
前髪が父親そっくり。
きっと昔、碇ゲンドウもシンジみたいな顔していたのかもしれない。
そしてシンジもまた、結婚して子が出来てお父さんになったら、ゲンドウみたいな顔になるのかもしれない。
(いい)

すっかり後にカヲル君に目が行ってしまいましたが、
改めてまた初めから見ると、シンジの魅力に色々開眼される。
微妙に強そうな(私から見ると)不思議な主人公。

結局、アスカのこと好きだったの?というのが最大の疑問。
もし好きなら、隠し上手だなぁという感想。


感情表現とか人付き合いとか、苦手そうだけど、
多分、根本の大元に、「お父さんとの触れ合い」に欠陥が生じてるから、
まずそれ、という感じなのでしょう。

「要らない」 っていう父親の意思を感じて、
(じゃなきゃ他の人に預けられる訳がない)「僕はここにいていいのだろうか」と存在理由に疑問を感じているのかも。
人との繋がり、触れ合いよりも、まず「自分」がまだハッキリしていないから、他者との関係にストップをかけているのかも。
(というか、今、現代ってそういう時代ですよね・・・・。つまり、皆、母親ないし父親からなんらかの意識を幼少期に植え付けられてる・・・。)

だからシンジは、母性よりも父性を望んでいて、
どんなあなたでも愛してるわ的な「母親的な」ものより、「あんたしっかりしなさいよ!」みたいな父親的な「ビシッとしろ」感を求めている。
勿論、早くに母親を亡くしているから、母親的なものも求めている部分もあるだろうけれど、多分ユイさんは亡くなる前までに、きちんとシンジに、ちゃんとした母性を注いでいたのだと思う。
だから母性に関してはあまりシンジは飢えていないというか、きちんと満たされているというか。
逆に言うと、亡くなる前までにちゃんと息子にちゃんとした母性を注ぐようなそんな素敵な女性だからこそ、ゲンドウは息子なんて ポイッ( ゚゚)ノ⌒゚ して惹かれてしまったのかもしれない。

話は逸れたけれど
そういう訳で、シンジは初めはレイに(母性を見て)惹かれたけど、
後に本当に自分が望むもの(=父性)を持っているアスカに惹かれたのかもしれない。

彼が欲しいのは「良い所も悪い所も含めてあなたが好きよ」みたいな「母性的なもの」ではなくて、
「よくやったな」という言葉と叱りつける言葉。
つまり、「良いところに関してはちゃんと褒める。=評価をする」というのと、「悪いところに関して「馬鹿かおまえは!」と正そうとしてくれる意思」。
つまり "父性" そのもの。
優れていたら、「優れているな」って評価してくれる、劣っていたら「劣っているぞ!」とハッパかけてくれる。
全てを包み込む母性ではなく、切断する意思。

人は、
まず母親に、「良い自分だろうが、悪い自分だろうが、全てを包んでもらう」愛をもらい、
次に今度は父親に、「良い部分と悪い部分をより分けられて、良い部分を褒めてもらって、悪い部分をなくしてもらう」愛をもらう。
そうやって洗練されていくのだと思います。


シンジは「認めてもらいたかっ」たのではないでしょうか。
一番は勿論父親。
根本がそうなっているから。

だから多分、僕を認めてよ!っていう意識と僕を正してよ!っていう気持ちが強くて、
かつ母親の愛は満たされているから(というか、直近で求めているものは其れではないから)、「どんなあなたでも愛してるわ」っていう母性的なものを跳ね返して「僕に優しくしないでよ!(=母性はお腹いっぱいだから!)って思っていたのかもしれない。

だから、ちゃんと叱ってくれるアスカに段々と惹かれていった・・・のかも。
劇場版(THE END OF EVANGELION(=夏エヴァ))で、、「助けてよアスカ。アスカしか助けられないんだ」って言っているし。
アスカ 「しか」 助けられないって何だ・・・・。
やっぱりアスカは特別な人間なんじゃないだろうか?シンジにとって。

春エヴァにも夏エヴァにも 、
0.1秒くらいの、あっという間ぐらいの一瞬の間に、いっぱいカットシーン、コンテが織り込まれているのが流れる という演出があって、その中で、かなり(って言っても34つくらい?)の数でシンジとアスカが絡み合ってるシーンが出てきます。
これはシンジの希望なのかもしれない。
レイとかミサトさんとの絡み合いのシーンはなく。
(レイは、膝枕シーンぐらい(膝枕、は息子と母親の触れ合いの象徴だというのをどこかで読んだ。つまりこの二者間にはセクシャルな要素は無い)、ミサトさんは、アニメ版でシンジは拒絶していた。)
男は分かりやすいので。
好き=触れたい
だから、唯一シンジと絡んでいる存在として絵の表現をされているアスカがつまり、シンジの求める人(=好きな人)だったということなのかもしれない。


でもそうだとしたら、ずっと見抜けなかった、全く分からなかったことに愕然。
昔のエヴァ考察をしていた時でも、その当時の最新流行として、シンジ→アスカ、を一応提唱はしていたけど、心の底からそう思ってた訳でもなく。
本当にそうなのだとしたら、何て私は鈍感なのかと。
っていうかシンジ分かりにくい。

そして思う。
シンジは恐ろしく頭が良い。
そして理性が強い。

父親は怖かったのかもしれない。
いつか未熟な自分を全部見透かされそうで。

そこまで考えずに、純粋に自分の妻であり永遠の人であり、お母さんである碇ユイがいないならもうどうでもいい、と何も考えずに放り投げただけなのかもしれないが。

長くなったからこのくらいにしよう
 

(2011.08.01)
 

▲ページのトップに戻る


綾波レイ

 
Voice: Megumi Hayashibara
Birthday: 2002.03.30
Sex: Female
Age: 14
Blood type: unknown
Etc: First Children
   
色白で青色の髪と赤い瞳を持つ細身の少女。
生年月日などに至るまで記録は全て抹消された、14歳。
ほとんど感情を表に見せず、寡黙で無表情。
他者への興味が希薄だが、ネルフ司令・碇ゲンドウに対してのみ心を開いていた。
後に交流を持ち、親身に接してくれた碇シンジにも心を開く。
それに伴い、自我の芽生えと感情も僅かながらに見せ始めるも、その直後使徒の侵食にあい、悲惨な最期を遂げる(二人目)。
本作における最大のキーパーソンとして、重大な役割を果たす。
EVA零号機の暴走事故により重傷を負い、初登場時は包帯姿。
Wikipediaより)

蒼髪紅眼。
真っ白な肌。

白い肌に赤い眼。
=うさぎ

レイはしばしば「月」との関連があるような表現をされています。
うさぎというと、月=うさぎ

ということはカヲル氏もうさぎということになります。
つまり二人(二匹)はつがいのうさぎということになります。

セットで言えば、 シンジ氏の次に好きです。
単品の価値は(私にとって)あまりない。


新世紀エヴァンゲリオン2という、庵野監督が監修している謎解き要素のあるゲームのウィキに拠ると、
レイは、=リリスの体細胞と碇ユイの体細胞とのハイブリッドクローン+リリスの魂を容れた存在、らしい。

そこの設定では、
リリスは
「知恵を持ち、繁殖をして進化を遂げてゆく生命モデル(=人類、地球上の生物の祖)」
とのこと。

リリスの魂の入った人間(人間なのか?)・・・
知恵があるのか。感情がないように見えていたけど、全てが分かっている存在だったか・・・。
あと繁殖の象徴のようだけど、
"繁殖"が持つセクシーなイメージも皆無。(皆無は言いすぎだけど。つまりそれだけ穢れていないイメージが強い)
水みたいで、混じり気のない蒸留水のよう。

魅力を何となく感じるのは、感情だとかそういうのがなくて、いくらでも染められそうな、そういう雰囲気を持っているからかも。
自分の色に染めてしまいたいという男性性の強い人間には魅力的かもしれない。

ロングヘアーのレイも見たい。

こういう女性は、感情がなさすぎるので、ロボットのよう。
哲学で「イデア」というものがある。
色んな人間の、大元の型の意味である。
人間はそれを元にして、作られているという「型」のことである。
レイは「イデア」なのかもしれない。
 

▲ページのトップに戻る


惣流・アスカ・ラングレー

 
Voice: Yuhko Miyamura
Birthday: 2001.12.04
Sex: Female
Age: 14
Blood type: A
Etc: Second Children
   
ドイツ3/4、日本1/4の血を持つクォーターで 茶髪碧眼。
国籍はアメリカ。
4歳の時にエヴァンゲリオン操縦の二番目の適格者として選出され、以降、セカンドチルドレンとして英才教育を受けた。
14歳にして、大学を卒業(なお、生物工学を専攻)。
EVA弐号機とのコンタクトはドイツ語を基準にしているが、日本語も流暢に話すことができる。
しかし漢字が苦手なため学校の成績はイマイチ。
劇中では性格の幼さと、プライドの高さの描写が顕著である。
ネルフ関係者以外でその本性を知る人間はほとんどいないため、学校ではアイドル的存在。
一人称は基本的に「あたし」。
母は惣流・キョウコ・ツェッペリン。
父親はキョウコの死後、女医と再婚している。
碇シンジとの夫婦漫才のような掛け合いで、シリーズ中盤を明るくしたが、終盤には生い立ちと内包していた脆さから悲惨な運命をたどる。
Wikipediaより)

レイ以上に人気のある(ように見える)女性キャラ。
おそらく現代の男性はこういう女性が好きなのかもしれない。

それだけ、お父さんを好きな人が多いといえるというか。
(アスカは母性的な、ふんわり包む女性ではなく、悪いところは「あんたバカ?」とにべもなく切り捨てる人間。父性の塊だと思います。)

連れて歩いて自慢出来るような外見と、中身。
(才長けて見目麗しい)
そして父親のように叱ってくれるS性。
ファザコンをこじらせている人間にはまさに女神様のような(レイが聖母様だとしたら、アスカは女神様?)存在というか。
しいて言えば、レイのような部分も持ち、アスカのような部分も持ち、という女性が理想なのかもしれないけれど(推察です)。

残念ながらアスカはあまり好きではなく。
あまりにも自由に振舞いすぎと言いますか。
こういう風に生きたかったからかもしれない。
本当は私は本質はこんな感じだったのだと思うのだが、周囲の環境に色々とやられてきたので、
私と違って、こういう風に生きていけるこのキャラに羨ましさを感じているのかもしれない。

でも、それ以外にも、やはり自由に振舞いすぎというか。
人を下に見すぎだし、遠慮というものがないし(日本人の血が1/4しかないからしょうがない?)子供っぽすぎるというか。(同属嫌悪)
好きと言っている人は、それだけ人間としての器が大きいのだと感じる。
(つまりエヴァファンのほとんどが器でかい?)

レイのところでは
「自分の色に染めてしまいたいという男性性の強い人間には魅力的かもしれない」と書いたけれど、
アスカは、
「包み込んであげたいという母性の強い人間にとっては魅力的かもしれない」。

レイを好きな人は自分がまだ確立していなく、
アスカを好きな人は、自分が確立していて、父性も母性もある分、母性が他人に注がれている。ようなイメージ。


話が逸れるが、日本がいじめ問題を抱えていたり、弱者をいじめるような傾向があるのは、父性が強すぎるからだと思う。
日本は末っ子気質だと勝手に思っているのだが、
末っ子気質なのに、「こうあらねばいかん」ということばかりしているから、弊害が出てしまっていると言うか・・・。
だから、エヴァのファンでアスカが好きという人間が多いのはいい傾向なのかもしれない。
母性的な人間が多いということなので・・・。

今の日本に必要なのは、「母性」だと思う。
包み込む精神というか。
 

▲ページのトップに戻る


葛城ミサト

 
Voice: Kotono Mitsuishi
Birthday: 1986.12.08
Sex: Female
Age: 29
Blood type: A
Etc: 163cm tall
   
本作品のヒロインの一人。
ネルフ(NERV)戦術作戦部作戦局第一課所属で階級は一尉。
第拾弐話で三佐に昇進。
役職は、物語前半で作戦部長と呼称され、物語後半以降、作中で「作戦課長」と呼称され、また各種公式資料にもそのように記載される。
碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーの保護者兼上司で、エヴァンゲリオン(EVA)の戦闘指揮官。
ペットは温泉ペンギンのペンペン。
愛車はアルピーヌ・ルノーA310を右ハンドル・電動機駆動に改造したもの。
オリジナルのガソリンエンジン・左ハンドルのA310にも乗っている。
フェラーリ・328でシンジの学校に乗り付けるシーンもある。
Wikipediaより)

最も微妙な立ち位置にいる人だと思います。
あるメディアで、「ゼロ・チルドレン(0番目の適格者)」と表現されていました。

エヴァに関わっている14歳の子供たちを「チルドレン」と呼ぶのだとしたら、
この人も、エヴァが生まれるきっかけであるセカンドインパクトに於いて負傷し、忘れられない傷を14歳で負っている時点で、
「チルドレン」と言えるのかもしれない。

映画で「結局私はシンジ君の母親になれなかったわね」とつぶやくシーンがありますが、
なれる訳がないと言うか。

そもそも「母親」とか「姉」とかそういう名称を付けること自体おこがましいというか。
そのくらいの存在というか。

だから、ミサトさんが好きという人をすげぇと思ったりします。
本質を見抜いていると言いますか・・・。

この人の立ち位置は、女性はどうあがいても男性の下にはならないという偉大さを分からせるためのものというか。
難しいですが。

だからと言って特にミサトさんのファンという訳ではなく。
あくまで立ち位置としてのキャラ考察です。

この人もシンジと同じ、ファザコン(ということになっている)ですが、頭の良い人だと感じます。
母親よりも父親を取る人を勝手に頭の良い人認定しているのですが、この人は典型的と言えるでしょう。

父親と交わりたい(そういう願望を伺わせる表現が出てきたので)と思うのはそれだけの存在の証というか・・・。
子風情が親と交わりたいだなんて、その人間が余程優れているということのなのだろうなぁと。。

しかしこの人はあまりにも優秀すぎて、男が愛せない(愛する振りならいくらでも出来る)ような病を抱えているような気がして、
そこが、何かなぁ・・・というか。

優秀な上でのことなのだろうけど、たったひとつ、優秀な人間が持たなければいけない「下に下がる」精神がごっそり抜けていて、
そこがあまり好きではありません。

この人はアスカ以上に高飛車な人だと思う。
潜在的なものだろうけど。
 

▲ページのトップに戻る


赤木リツコ

 
Voice: Yuriko Yamaguchi
Birthday: 11.21
Sex: Female
Age: 30
Blood type: B
Etc: 研究者
   
特務機関NERV技術開発部技術局第一課所属。
「E計画」担当・エヴァンゲリオン開発総責任者。
スーパーコンピューターシステム「MAGI」の管理・運営担当者。
30歳。
加持・ミサトとは大学時代からの友人。
ヘビースモーカーでコーヒーを愛飲している。
趣味で猫の小物を集めている。
プライベートではラフな格好をするミサトに対し、フォーマルなファッションを好む傾向があった。
猫を飼っていたが、祖母に預けている(後に死んだ様子)。
異性愛者ではあるが、後述の伊吹マヤと同性愛関係にあることを匂わせる描写が劇中にある。
(Wikipediaより)

孤独な人、な印象。
誰にも心を許さず、またそれを当然としている。
ドライでクールなのは「素」であると仮定しているのですが、
だとしたらすごく「冷たい」人だ。
ネコを飼っていたのは背景に「責任を負わなくていいから」というものがあるのではないか。
ネコは飼い主を見限って去ることもある、イヌは一度懐いて「主人」と決めたら去らない・・・
可愛がるだけ可愛がって、飽きたら背を向けてネコが去っていくのを待てばいい、・・・そういうのを考えると
やはりとても孤独な・・・と思う。

ゲンドウを愛していたのはおそらく嘘で、彼女はゲンドウに一度も愛を注がなかったのではないだろうか。
愛を「乞う」だけで。
何か強い言い方・・・(゚д゚;)

何処までも、何処までも
何処までも。
孤独の空間をさまよう悲しい人、的な感じ。

恐らく真性だろうから、こういう↑のを人に言われたとして
ムッともせず、「ええ」としか言わないだろう。
気にも留めない。「変な人」とも思わない。

き、機械か?
こういう人は「機械的」な人に惹かれるのだろう。
自分の能力(魅力も含め)を認めてくれる、数字を出してくれるような・・・

母親との関係もあるし、父親の不在?も関係しているのだろう。
少し不気味な人格が形成されているように思う。
あくまで私個人の感じたものであり、少数派かもしれない。

この人は、生きていたのだろうか?
生きていないまま、死んでいった。
そんな風に思える。
 

▲ページのトップに戻る


碇ゲンドウ

 
Voice: Fumihiko Tachiki
Birthday: 04.29
Sex: Male
Age: 48
Blood type: A
Etc: 総司令
   
特務機関NERV最高司令官。
碇ユイの夫で、シンジの実父。
妻の姓である碇姓を使用しており、旧姓は六分儀(ろくぶんぎ)。
48歳。
席に座る際、顔の前で手を組むシーンが特徴。
目的のためには手段を選ばず、実際に陰謀や裏切りなど非情ともいえる手段を厭わずに実行している。
1999年時には京都で生活していたが、職業や生活面といった詳しい素性は不明で、悪い噂が絶えない人物だった。
当時、傷害事件を起こし警察に留置された際、京都の大学で教授をしていた冬月を身元引受人に指定し初対面を果たす。
この頃に赤木ナオコやユイと知り合う。
当時の冬月の第一印象は「嫌な男」であったため、冬月は「ゲンドウとユイとの関係を快く思わない」
とユイに告げるが、ユイはゲンドウを「とても可愛い人」と評していた。
(Wikipediaより)

「可愛い人」と言われている。
甘えん坊なのだろう。多分特大級の。
全く違ってたりして・・・。
緊張感がなくなってしまうから描かれていないだけで、
本当は何かこうあれ(子供の番組であるようなすごくこう・・・ほのぼの〜とした)
な感じだったような気がするし、そうだとつじつまが合う気がする。

人の死を受け入れられず、その人との再会を望む。
それは、、甘えん坊の考え方ではないか?
亡くなった人は・・・もう戻らない。
そう考えるのが一般的である。
しかし無理を通す。
何でそこまで。というと単純にそれだけ好きだったということだろう。
そんなの有り得るのかと言えば、「方法」さえあればそれを実行してしまう、、多くの犠牲を払っても。という人はいるかもしれない。
特に今の時代は。
 

▲ページのトップに戻る


冬月コウゾウ

 
Voice: Motomu Kiyoukawa
Birthday: 04.09
Sex: Male
Age: 60
Blood type: AB
Etc: 副指令
   
特務機関NERV副司令官。
60歳。
誕生日は49日。
一人称は「俺」。
趣味は将棋。
数少ないゲンドウの理解者でもあり、彼の本当の目的を知るただ1人の人物。
元は京都のある大学の教授で、形而上生物学を研究していた。
この当時学生だったユイやゲンドウと知り合う。
セカンドインパクト後は一時期豊橋でモグリの医者をしており、
その時に招集された国連調査団でゲンドウと再会、彼とユイが結婚したことを知らされた。
実はユイに好意を抱いていたが、想いを打ち明けた事は一度もなかった模様
(厳密な話をすれば彼女への想いが恋愛から来るかは不明)。
旧劇場版ではユイの消失前、ゲンドウも知らない彼女のエヴァンゲリオンに対する真意を告げられていたことが判明する。
(Wikipediaより)

碇ユイさんのことが好きだった描写がとても好きです。
この人は良く分かりません。
あえて語るような何かはなく、普通の人・・・だったような。
モグリの医者になっていた、というのが気になりますが。
 

▲ページのトップに戻る


加持リョウジ

 
Voice: Kohichi Yamadera
Birthday: 06.17
Sex: Male
Age: 30
Blood type: A
Etc: スパイ
   
特務機関NERV特殊監査部所属のスパイ。
以前はドイツ支部にてアスカの保護責任者を務めており、彼女に随伴し来日した。
30歳。
生年月日は1985617日。
葛城ミサトと赤木リツコとは大学時代からの友人であり、またミサトとは恋人関係だった。
一度は関係を断つが、同じNERV極東本部における同僚となり、セカンドインパクトの真相を追い求める同志を経て再び恋仲となる。
アスカからは何度か好意をアピールされているが、子供だからといって構うことすらない。
普段の生活では、NERV施設(ジオフロント)内でスイカを育てている]。
(Wikipediaより)

好きだったけど、意外と黒いなぁと感じてちょっと・・・と思う。
黒い人は好きではない。
灰色にならないと。
でもこの人は、真っ白い部分も持っている。
黒と白が分かれて存在しているような。
腹黒すぎる変な部分と、優しすぎる白の部分・・・。
これは相手の人(どんな立場でも)振り回されるだろうなぁ。
 

▲ページのトップに戻る


鈴原トウジ

 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中

いい人だと思います。
 

▲ページのトップに戻る


相田ケンスケ

 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中。

準備中。
 

▲ページのトップに戻る


洞木ヒカリ

 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中

ちょっと苦手。
 

▲ページのトップに戻る


伊吹マヤ

 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中

かなり好き。
でも個性が・・・。
個性のない人間は魅力的であり、且つ魅力がない。
そんな矛盾を感じさせる人物である。
 

▲ページのトップに戻る


日向マコト

日向マコト
 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中。

準備中。
 

▲ページのトップに戻る


青葉シゲル

青葉シゲル
 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中

長髪キライ。
でもこの人、エヴァの中で唯一の常識人なんだよね・・・。
 

▲ページのトップに戻る


碇ユイ

碇ユイ
 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中

聖母様。
すてきんぐである。
 

▲ページのトップに戻る


渚カヲル

 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中。

めちゃくちゃ好き。ただしレイとセットで。
単品での魅力はない。
 

▲ページのトップに戻る


ペンペン

 
Voice: soon
Birthday: soon
Sex: soon
Age: soon
Blood type: soon
Etc: soon
   
準備中。

皇帝ペンギンじゃないとやなんだもん。
 

▲ページのトップに戻る